2019年09月21日

大エジプト博物館

EGYPTIAN MUSEUM CAIRO1969.JPG


エジプト、カイロのツタンカーメン遺物などで有名なコレクションが新しい大エジプト博物館に移るようです。(イメージは1969年にNewsweekとArnoldo Mondadori社が編集した名品集的な図録の 表紙)

大エジプト博物館 サイト
The Grand Egyptian Museum

ピラミッドのあるギーザに建設されていて、2020年に開館予定とのことです。ピラミッドと2kmしか離れてないみたいですね。

観光客めあての設定ではありますが、どうなのかなあ。

安全・研究にとって、カイロ市中が良いのかギーザのほうがよいのか?より乾燥したところみたいだから、保存には良いのかなあ??
ホテルとるのは不便そうな感じはありますね。
もともと、植民地時代の趣きを残すカイロの建物がいやだということもあるかもしれないけどね。

そういや、エジプトの「革命」とやらで、カイロのコプト博物館は大丈夫だったのだろうか? あそこには貴重極まるナグ・ハマディ写本の原本があるはずなんですが。。

posted by 山科玲児 at 07:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]