2019年10月16日

香港島と九龍は英国領



 2014年に、中華人民共和国は1984年の中英連合声明は無効だと発言していたようです。

「共同宣言、今は無効」と中国、香港問題で対英強硬姿勢 英は「非常識だ」
https://www.sankei.com/world/news/141204/wor1412040032-n1.html

中英連合声明 Sino-British Joint Declaration、1984年12月19日   

1997年7月1日に香港を中華人民共和国に譲渡した。

   2014年の英国は、超絶親中派のオズボーンとキャメロン政権でしたから、握りつぶしていたみたいですが、よく考えると大変なことですね。

とするとですよ、

香港島と九龍半島は、英国領に戻るのではないかと思います。

新界と島々は99年の租借でしたから、自動的に返還(ただ、正統性を考えると台湾・中華民国へ返還が正しそう??)ですから、英国領にはなりません。香港島と九龍半島の主権が中華人民共和国に属するという根拠は、中英連合声明しかないのですから。

  なんか、日本にとっての北方四島のような位置づけになってしまいましたね。


posted by 山科玲児 at 10:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: