2019年11月14日

北京で肺ペスト発生

北京で肺ペスト発生 感染力強く致死性も
https://www.afpbb.com/articles/-/3254629

あの親中派のNew York Timesの中国人記者ですら、煽った記事を書いてますから、本当なのでしょう。

ペストなんて、もう抗生物質などで制圧されてるだろ? と思う人がいるかもしれないが、

肺ペスト はいけない

肺ペストは、

「ペストの中で最も悪性の形態」で、患者は24〜72時間で死に至る可能性がある。また、極めて感染力が強く、「人から人へ飛沫(ひまつ)感染し、深刻な流行を引き起こす可能性がある」という。

あの大都市、北京の混雑地区に肺ペスト患者が紛れ込むと大変なことになります。爆発的流行になります。ただ、大気汚染のためマスクしている人が多いので多少緩和されるかもしれません。

なお、英語米語の記事では肺ペストのことをPneumonic plague

と書いてますPESTではでてきませんので、勘違いしないように。外信ではでてないじゃないか、フェイクニュース?とか疑わないでね。。




posted by 山科玲児 at 08:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: