2019年11月28日

台湾 中国スパイフロント企業トップ逮捕

台湾、中国の諜報幹部を拘束 元中共スパイの暴露を受けて

台湾政府は11月25日、桃園空港で香港の上場企業である中国創新投資(China Innovation Investment Limited)の向心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を拘束した。オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏は23日、豪メディアに対して、同社が中国軍総参謀部の管理下にあり、向氏夫婦は中国軍の上級スパイだと暴露した。
>

このオーストラリアに亡命した中華人民共和国スパイ王立強の話
は最近話題になっていましたが、その証言で、とんでもないことが次々わかっているようです。
香港銅鑼湾書店員の拉致にも関係していたそうですね。
今回の台湾でのスパイ拘束は、その証言に基づくもののようです。

台湾の防諜組織も蒋介石時代以来の組織人材がいるでしょうから、プロが揃っているでしょう。国民党配下の人も多いでしょうが、中国共産党と長年敵対してきた人々ですから急に反対へわわることもできず現政権に従った人も多いでしょう。人民解放軍のスパイを吐かせるのは上手いだろうな。

台湾当局から、さらに、トンデモナイ ニュースが出ると思います。

これは蔡英文 圧勝かもしれないなあ。


posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: