2020年01月03日

武漢で疫病発生

マカオの新聞

マカオ当局、空港に続きカジノ施設でも防疫対策強化…中国・武漢市で原因不明の肺炎患者連続発生受け

https://www.macaushimbun.com/news?id=30047

単なる中国国内の都市伝説・噂ではなく、マカオ当局が対策しだしたということは、ホントに不味いことが起こっているということですね。

台湾のTVでは、SARSと推定した番組も出していたようです。27人患者:7人重態とのこと。。

また、「海鮮市場の人から流行った」という報道ですが、台湾の自由時報によると、
拙訳>武漢華南海鮮市場には、野鳥や蛇、鼠などのジビエ(狩猟獲物)が多く売られていた。
ということで、そういうとこから感染したものか?
また、武漢は人口約1000万の大都市です。そういう意味じゃ田舎で流行るのとは、話が違う。

日本もインバウンドなどと浮かれず、防疫に注意しないと大変なことになりますよ。。

posted by 山科玲児 at 11:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: