2020年01月06日

武漢肺炎 香港での分析


香港での疑い例15人のうち、5人は不明、10人は既知のインフルエンザなどの病気だったようです。


5人も診断不能の病気があるとは。。それにしても、武漢から香港への帰国者に肺炎多すぎませんか??
SARSで多数の死者を出した香港だから資料・分析はちゃんとしているでしょう。
つまり、SARSではない新型肺炎だということで、わからないということは、対症療法しかない、事態はもっと悪いということじゃないかな。


posted by 山科玲児 at 09:34| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: