2020年03月24日

読んでみました

Bosch Borchert.jpg

グリザイユについての文章は優れているとおもうんだけど、鑑識 真贋問題は、ほぼ




と同じみたいです。「7つの大罪」(プラド)を弟子作品としてるとこだけが違うかな。ただ、序文で、ヒエロニムス・ボスというのはディズニー・プロのようなもので、個人名とはいえないかもしれないが、中心となる天才がいるのは間違いない、という見方を提示しておりました。
ただ、フィッシャーと同じ誤りをブラッセルの磔刑図について書いていたのはいただけないなあ。意外にこの間違った伝承は根深いものなのかもしれません。

ヒエロニムス・ボスの世界
ティル=ホルガー・ボルヒェルト/著 -- パイインターナショナル -- 2019.12 -- 723.359
https://pie.co.jp/book/i/5232/



posted by 山科玲児 at 11:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: