2020年03月31日

BCGと武漢ウイルス

deutch BCG.jpg


ほんとかよー、、という話ですが、BCGの日本株・ソビエトロシア株を接種した地域国家が、武漢ウイルスにかかりにくい/重症化しにくいという疫学的調査があって、オーストラリア・ドイツ・米国などで研究が始まっているそうです。え、なんでBCG。。あの太いとても痛い注射を憶えているオールドマンは、呆けてしまいます。結核ということで、あの丸山ワクチンも思い出しました。

しかし、上イメージのドイツの感染図をみると旧東ドイツ(ソビエトロシア株を接種)が感染に抵抗しているのは明白ですね。ご丁寧にも、ベルリンが孤立した感染地域なのは印象的です。西ベルリンだったものね。しっかし、よくこんなこと気がついたなー。。

 解決というわけではないのですが、こういうことは、実学としての医療には重要です。病院に入る前に、当時の理論では無意味であった徹底的な手洗いを義務つけて、産褥熱を激減させたハンガリーの医者::感染制御の父 イグナッツ・ゼンメルワイスのように、相関・経験から真理にたどりつくことはあると思います。

 BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2020/03/bcg.php

>豪州の医療従事者4000名を対象に、BCGワクチンが新型コロナウイルス感染症の重症化率を軽減するかどうか調べる。学術雑誌「サイエンス」によると、オランダでも、8カ所の医療機関に勤務する1000名の医療従事者を対象に、同様の臨床試験が開始されている。
>独マックス・プランク研究所でも、3月21日、BCGワクチンをベースに開発した結核予防ワクチン「VPM1002」の第3相試験において、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)への感染に対する効果についても検証する方針を明らかにしている。

え、あのお堅いマックス・プランク研究所でも、??  背に腹はかえられないということか。。



posted by 山科玲児 at 20:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: