2020年04月30日

雨戸  シャッター

master Liesborn NG.jpg

>外側にシャッターをつけるのは、どうもドイツよりの地方の習慣らしい。雨戸・防護扉・シャッターが外側についているのは、ウェストファーレンの絵画に多いものだそうである、
と昨日のメルボルンの聖母子の件で書いたが、

ロンドン  ナショナルギャラリーの1465年ごろのウエストファーレンの祭壇画で例があった
The Liesborn Altarpiece

ただ、同じウェストファーレンでも、フレマールの画家を直模したような内側シャッターの絵もあるようです。
Master of the Schoppingen Altar
ショッピンゲン受胎告知
posted by 山科玲児 at 08:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]