2020年05月31日

剽窃か復古か?



  有線放送を聞いていたとき、偶然

Gian Francesco Malipiero: Gabrieliana (1971) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=YA3KWBVw084
を聴きました。

なんかさあ、ジョヴァンニ・ガブリエリそのものだろ。これで1971年の創作っていえるんかな。剽窃じゃね。まあ、一応ガブリエリアーナという標題だから、原典は明示していて編曲的なもの、ということなんだろうけれど。。
Giovanni Gabrieli: Canzon primi toni - University of Szeged Trombone Choir
https://www.youtube.com/watch?v=S5oPMyX6uQY


そういう意味で
ストラヴィンスキー  プルチネッラ
https://www.youtube.com/watch?v=nFNl6D75Jxo

序曲もガロDomenico Gallo(1730年〜1768年)作品の編曲だしね。。

どうも、20世紀の新古典主義というのは、そういう穽井にはまってしまうところがあるのかなあ。

その逆に古典の模作というか偽作に走ってしまったのが、
ヴァヴィロフ、ヴラディーミル・フョードロヴィチ(Vavilov, Vladimir Fiodorovich 1925-1973)ロシアのギタリスト・リュート奏者・作曲家。ソ連における古楽復興の立役者である。

この人がオリジナルでバロック風に作曲した「カッチーニのアヴェ・マリア」は今でも盛んに歌われている名曲です。
https://www.youtube.com/watch?v=4eVr0ieTx6w
こういうのも皮肉ですねえ。
posted by 山科玲児 at 09:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: