2020年07月05日

墨流しと春信

HARUNOBU musee guimet2.jpgHARUNOBU musee guimet1.jpg


最近、マーブル紙、墨流し紙の話をすることがありまして、この鈴木春信の版画を思い出しました。どちらもパリのギメにあるものなんですが、たぶん、同じセットのなかの二枚として伝わったものなんだろうな。だから、どちらもギメにある。

ギメでも自慢のものらしく、春信浮世絵展の[看板]「代表作」に出していたようです。

タグ:春信 墨流 ギメ
posted by 山科玲児 at 13:54| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
ありがとうございます。
さすが「看板」というだけありますね、初めて見ました。
文字だけでなく絵も上に描いていたんですねぇ。
Posted by fontana at 2020年07月05日 16:58
>fontanaさん
>文字だけでなく絵も上に描いていたんですねぇ。

コメントありがとうございました。
まあ、絵というより版画ですから。春信のパトロンは上流階級の趣味人だったようですから、こういう贅沢もできたのでしょう。
ギメを訪ねたとき、春信の優れた版画が10点ぐらい展示されてました。そうとう所蔵されていると思います。
Posted by 山科玲児 at 2020年07月05日 18:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: