2020年08月13日

カラーとモノクロ

今回、中文大学サイトで拓本のカラー図版を多量にみて感じたこと、、
http://www.artmuseum.cuhk.edu.hk/zh/collections/search/
カラー影印はだいたいにおいて白黒モノクロ影印より優れていて、細部がよくわかることが多いのだが、必ずしもそうでないこともある。

  例えば、優れたカラー影印複製を多く出版している二玄社のものでも、どうも蘇軾の寒食帖は、感心しなかった。紙色が黄色すぎるのだ。これは、他のカラー図版も皆そうだからしょうがないといえばそうなのだが、豪華で高価な複製巻物では、こういうものを買う気にはなれず、昔の博文堂のモノクロ影印巻物で現物をしのんでいる。また、原色法帖選では蘭亭序八柱第三に限っては写真がよくなかったのか、どうもピンとこない。これは、当時八柱第三が修理中・または修理直後であったので、よい写真が北京から提供されなかったことと関係があるのだろう。
 拓本のカラー図版というのは、昔はほとんどなかった。もともと黒白なのだから、カラーにする意味ないだろ、と軽視されていたのかもしれない。しかしながら、最近、カラー影印みてみると、いろいろなことがわかる、あとで墨を補ったり塗りつぶしたところがよくわかるし、墨が重いのか薄くさっと拓して制作しているのか、また虫食いと石の傷の区別などもカラーのほうがわかりやすい。
北京故宮の張遷碑明拓本というものはあまりに墨が濃くてどうも感心しないということは、カラー写真をみて実感できた。粗雑なモノクロだけみていたときは、最高最古の旧拓本だと思いこんでいたものである。精緻なコロタイプをみてなんかおかしいと思い、カラー写真でがっかりした。

タグ:拓本
posted by 山科玲児 at 08:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: