2020年08月26日

吉備真備の書



今月の『東方』474号(2020年9月号)
に、吉備真備筆と推定される唐時代墓誌の発見が解説されてました。
このニュースは昨年末だったようですね。その後コロナで紛れてしまいました。

吉備真備筆?の墓誌、中国で発見 留学中書かれた可能性 ..
https://www.asahi.com/articles/ASMDS5JB8MDSPTFC012.html

中国の日本語広報サイト::考古学における画期的発見、吉備真備直筆の書が北京で公開
http://japanese.cri.cn/20191225/8172384e-ad91-3693-1bb7-6648f21b5a4b.html
中国国際広播電台(中国国際放送局)
東方の記事によれば、北京大学の歴史地理学者:辛徳勇氏が偽物説を提唱しているようです。書法的には開元22年(734年)という時代からいくと、少し古風な 書風ですが、別に書で名をあげた人でもないので、最新流行の書を学んだわけではないでしょうからね。まあいいのではないかとおもいます。

   
posted by 山科玲児 at 08:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]