2020年12月20日

守護天使

guardian  angel.jpg

  2020年12月18日 天使のヒエラルキー
を書いたので、前も紹介した「守護天使」のあだ名があるヴァイオリン独奏曲を再度視聴した。。
ビーバーのロザリオのソナタの第16曲  最終曲である。
 英国のレイチェル・ポッジャーの演奏 イメージはCD(買いました)
    https://www.youtube.com/watch?v=H3jIX45bQDk
   この動画のポッジャーの左のテーブル(視聴者からみたら右)に座っている男性2人って、なんでいるんだろうね??

  この曲は、確かに印象的な曲で結構頭にこびりつく。ワーグナーのパルシファルほどではないが、結構強いので、他の音楽などの厄除けにはいいかもしれないなあ。

posted by 山科玲児 at 06:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]