2021年01月11日

モーツアルトの魔笛

 モーツアルトの魔笛.jpg

 モーツアルトの魔笛や、J.S.バッハのフーガの技法、六声のリチェルカーレを聴きたくなるときは、かなり特殊な時だと思う。柴田南雄さんが、「限界状況に下におかれた天才の作に真にふさわしい」と評した魔笛を、また聴いてみたくなった。

 2007年にケネス・ブラナー監督のオペラ映画「魔笛」を観たとき、この序曲が戦争場面にこんなに良く合うとは思わなかった。
ウイーンフィルのリッカルド・ムーティによる演奏::
https://www.youtube.com/watch?v=s2Gedb05J5M
パミーナとパパゲーノのduetは、一番好きな曲だが。。
Edith Mathis & William Workman - W.A. Mozart "Die Zauberflöte" Bei Männern
https://www.youtube.com/watch?v=7lTVeYR_gEA
 私は、クリスティー(上イメージCD)のようにかなり小さな編成、かつ若い歌手の声でやるのがいいんじゃないかと思うが、なかなかYOUTUBEにはない。
  演出に限っては、イングマール・ベルイマンの映画がよかったと思う。






posted by 山科玲児 at 17:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]