2021年01月29日

逃げ上手の若君 と 神人

春日権現験記 vol2.JPG
  北条時行が主人公のジャンプマンガ『逃げ上手の若君』(松井優征作品)では、後醍醐天皇が、きっと、6(シックス)【魔人探偵脳噛ネウロのラスボス】のようなキャラクターで出るのではないかと、期待している。
  花山院、白河院、後白河など、スキャンダラスで邪悪とさえいえるような天皇も少なくないのだから、天皇本人のそういう描写は問題ないだろうが、少し後の南北朝対立、正統争いは、ちょっと現皇室の正統性に影響があるので回避したほうがいいだろう。そういや一休禅師は後小松天皇の御落胤という話があったね。
  この時代の武装や服装は多数の絵巻物が残っているので考証に不自由はないと思う。その点では、平安時代とは違う。上イメージは春日権現験記(1310年代)の一部、宇治栗駒山における興福寺衆徒と朝廷の軍勢の戦い、の一部分 。

 ところで、北条時行の保護者の諏訪頼重が、信州諏訪の神官というふれこみだ。これで、中世の歴史を読むと必ず出てきて、現在ではなじみが薄い「  神人(じにん)」という階級/集団を思い出した。僧兵は有名だが、こちらはあまり有名ではない。神社のもとでいろんな業務をする人々なんだが、商業に関わって巨富をえたり、護衛のため武装するので武士集団になったりした。奈良では武士集団がまとめて神社の庇護に入ったりして、武士集団とかわりない状態になったようだ。寺院も神社も封建諸侯のような活動をしている。
 西欧でも修道院が武装していて、修道院というより堅固な山城のような建築が少なくないこと、司教領、修道院領が少なくなかったことを考えると、治安が崩壊した世界では、宗教施設を中心にして武装して生命財産を守るというシステムは、東西ともにかわらないようだ。

posted by 山科玲児 at 09:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]