2021年02月25日

顔氏家廟碑  重刻説


顔氏家廟.JPG


2021年02月13日  顔眞卿碑の真贋問題
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/188398409.html
で紹介した、

故宮學術季刊第三十八巻第一期
https://www.npm.gov.tw/Article.aspx?sNo=05011604
方令光     〈顏勤禮碑〉、〈顏家廟碑〉真偽考

を読んでみたら、顔氏家廟碑が北宋時代〜晩唐9世紀中葉の重刻じゃないかという説は、意外に一般的なのに少々驚きました。なにしろ清時代の金石学の大家、金石萃編の王昶(おう ちょう、1725年 - 1807年)もそう言っているという話なんですからね。そして、なぜか近年の日本人学者も結構言っております。
伏見 冲敬氏、飯島太千雄氏、など、
書道本の校勘な紹介ブログをされている方も同意見のようです。
https://syodou.exblog.jp/6329171/


posted by 山科玲児 at 09:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]