2021年03月29日

中世の聖徳太子イメージ

聖徳太子 西本願寺.JPG



昔の1万円札以来、唐本御影がメジャーになってしまったけれど、中世の聖徳太子イメージってのは、この絵(西本願寺)みたいな、孝養太子の童子形が多かったんじゃないかなあ。その点、現在のフィクションの聖徳太子像に近い。
もう一つ多いのは、 聖徳太子勝鬘経講讃図というもので、こっちは、大人の聖徳太子だ。

イメージソース::寶雲  第20册 1937年8月30日 寶雲刊行所、京都



posted by 山科玲児 at 08:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]