2021年04月24日

ランプトンは語る

ランプトンは語る ss.jpg

  ファンシー・ピクチャーズがらみで、画家  トマス・ローレンスSir Thomas Lawrence (1769-1830)の日本語版ウィキペディアをみていたとき、マンガ家:萩尾望都の「ランプトンは語る」のランプトン肖像がこのローレンス画伯の有名作であったことに気がついた。
トマス・ローレンスのランプトン少年像
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Master_Lambton_-_Sir_Thomas_Lawrence.png
  
  イメージは、オリジナル掲載誌のカラー頁第1頁である。なんか偶然切り抜きが本の堆積の奥の奥に保存されていたので、紹介する。もっとも著作権にクレームがつけば、削除する予定である。
  萩尾望都  作品、さらにマンガ家とこのランプトン像との関わりについては、日本語版ウィキペディアに解説がある。   
  ランプトンは語る
posted by 山科玲児 at 09:22| 日記