2021年04月29日

イタリアとゲルマニア

italia germania.jpg

佐藤 直樹, 東京藝大で教わる西洋美術の見かた (基礎から身につく「大人の教養」)  2021/1/27
https://honto.jp/netstore/pd-book_30701946.html

で知った ナザレ派のオーヴァーベックことヨーハン・フリードリヒ・オーファーベック (Johann Friedrich Overbeck 1789年7月3日 - 1869年11月12日)

の代表作は、
 イタリアとゲルマニア (1828) です。
  https://www.pinakothek.de/kunst/friedrich-overbeck/italia-und-germania
   キャンバスに油彩: 94,5 x 104,7 cm

髪の色や背景からして、左がイタリア、右がゲルマニアなんでしょうが、服の色は逆のようにもみえますね。
この絵の様式は、どこを模範にしたんだろう、、と考えたんですが、ラファエロじゃない、むしろヴェネチアのジョヴァンニ・ベッリーニやヴィンセンチオ・カテーナ、特にカテーナの様式に近いと思います。

 カテーナの作品は、上野の西洋美術館 にもあるし、
https://collection.nmwa.go.jp/P.2011-0001.html

他でも2、3鑑賞した記憶があるので、よく覚えている。

ただ、ナザレ派の時代には、カテーナの絵画も ラファエロとその仲間の範囲に入っていたのかもしれない。


 
posted by 山科玲児 at 10:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]