2021年05月04日

ロシアの科学技術

【ゆっくり解説】独自の感性が炸裂!?ソ連時代の飛行機、爆撃機について解説
https://www.youtube.com/watch?v=QGToozLwklQ
を視聴していたら、

ロシアの科学技術は、アメリカ・西欧のそれと、ひと味違って、発想が変わっていて面白かったことを思い出した。ソ連崩壊後は西側にちかくなってしまって、飛び抜けた面白いことは少なくなったようで、一面残念なところがある。それでも、ポアンカレ予想を解決した変わった数学者 グリゴリ・ペレルマンを出しているから、馬鹿にはできない。
  ルイセンコ説などひどいエセ科学も流布したとはいえ、別の発想の科学があったことは実感している。太陽系起源のシステムもサハロノフが先駆だし、コルモゴルフやゼルドビッチの研究も優れていた。    
タグ:ロシア ソ連
posted by 山科玲児 at 10:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]