2021年05月09日

ベートーヴェンとヘンデル

有線で偶然聴いた変わった曲に、
ベートーヴェンが作曲した「ヘンデルのオラトリオ《ユダス・マカベウス》の〈見よ、勇者の帰還〉による12の変奏曲」というのがあるようだ。
しかもチェロとピアノ用だとか。チェロのめぼしい独奏曲はそれほど多くないので、なかなか面白いと思った。
 華麗なピアノだが、ラフマニノフほど技巧的なものではないし、チェロもバッハの無伴奏のような無茶なものではないから、多くのチェリストやピアニストに愛されてもいいとおもうんだがなあ。
若きベートーベンが、プロイセン王のために書いた曲らしいが、なんでこんな面白い曲が埋もれているのだろうか。それとも、私が知らないだけなのかな。2016年の安田謙一郎氏のコンサートでは演奏されたようだ、

これは、日本人女性2人がベルリンで演奏した動画。
Beethoven: 12 Variations on "See the conqu'ring hero comes" from Händel's Judas Maccabäus, WoO45 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=aiEQj4WrX3w
posted by 山科玲児 at 03:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]