2021年06月03日

雲仙普賢岳火砕流事件とマスコミ 続


長崎新聞の重要記事::

>日本テレビの取材スタッフが、住民が避難して無人となった民家の電源を無断で使用する不祥事が発覚。消防団員は6月2日、留守宅の警備も兼ね、同研修所に戻ってしまった。
>亡くなった警察官2人についても、報道陣らに対する避難誘導のため定点に急行。戻る途中に同研修所前で火砕流にのみ込まれた。
>火砕流は突然襲ってきたわけではない。避難勧告を守ってさえいれば、死者は出なかった。

【インタビュー・上】元九州大島原地震火山観測所長 太田一也さん 「悔やまれる 人的被害」 反省残る 報道陣への遠慮
https://nordot.app/773028450044198912
インタビュー・下】元九州大島原地震火山観測所長 太田一也さん  「悔やまれる 人的被害」 反省残る 報道陣への遠慮
https://nordot.app/773029708419317760?c=174761113988793844
posted by 山科玲児 at 17:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]