2021年06月20日

広東の洋風画


香港やマカオの美術館で観たものに、広東の洋風画というのがあった。西洋人が広東で描いたものもあれば、中国人が描いたものもある。スーベニヤとして描かれたものだそうだ。これ自体の制作時代は、明治以降かもしれない。しかし、それより前からこういうものはあったと思うし、天明の司馬江漢へ影響したのもこういうものではなかったか? と思うところがある。
これは、マカオの美術館のサイトから
https://www.mam.gov.mo/MAM_WS/ShowFile.ashx?p=mam2013/img_collection/637312088357656.jpg
日本の洋風画のもと、更に、北斎のあの遠近法を強調した浮世絵、眼鏡絵といわれるこれまた遠近法を強調して大景観や大群衆をみせる浮世絵、これらの直接の種本はなにだったのだろう? という疑問はある。鳥なんかは、図巻の挿し絵を使ったんだろう。しかし、遠近法らしいものを使う、妙に青い絵は、どうも広東由来のような気もしている。
posted by 山科玲児 at 08:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]