2021年07月06日

プラドでマニエリスム


偶然みたメトロポリタン美術館サイトのフォンテンブロー派
The Birth of Cupid
Master of Flora Italian
https://www.metmuseum.org/art/collection/search/437006

のついでに、派生的にみたら

プラドでマニエリスム系〜ルーヴェンスの神話画の展覧会やってました。
ナポリのカピデモンデ美術館から、米国のイザベラ・ガードナーからエグい作品を借りてきてますね。
Mythological Passions: Tiziano, Veronese, Allori, Rubens, Ribera, Poussin, Van Dyck, Velázquez - Exhibition - Museo Nacional del Prado
https://www.museodelprado.es/en/whats-on/exhibition/mythological-passions-tiziano-veronese-allori/0fe29f8e-c205-af98-9306-51b5b1f26675


動画みたら、ほぼ同じ絵の2ヴァージョンを並べるとか、やってるみたいです。

まあ、しかし、お肉いっぱい、お腹いっぱい、系ですねえ。。

posted by 山科玲児 at 09:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]