2021年07月11日

画家はだれか

calvary Triptych ghent.jpg


ベルギーのゲントの町のシントバーブ大聖堂は、ゲント祭壇画で有名である。しかし、それ以外にも名作を所蔵している。
なかでも、大きな15世紀のキリスト受難の三連祭壇画が有名ではある。
https://www.wga.hu/frames-e.html?/html/g/goes/calvary/

ところが、この作品を描いた画家について、色々な意見があるようだ。
古くは、ゲントで活躍したあと、イタリアのウルビーノで活動した
ヨース  ファン  ゲントヨース・ファン・ワッセンホフ)  の作品だということになっていたが、上の Web Gellery of Artの解説では、
最近は、ヒューホー・ファンデア・フース HUGO VAN DER GOESの作品だということになっているらしい。しかし、他のサイトでは、やはりヨース  ファン  ゲントの作品ということになっているものも多い。
  この件で、もっと情報があるサイトがあればご紹介ください。
posted by 山科玲児 at 12:17| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]