2021年10月15日

矢野財務次官は粉飾決算

矢野財務次官の寄稿文は、デタラメの粉飾決算に基づいた企業犯罪に、よく似ていますね。

ただ、普通の粉飾決算は、財務状態が悪い会社を良く見せることで利益を得ようとするものです。
矢野財務次官の寄稿文は逆で、財務状態が良い日本を悪くみせることで、財務省の省益・迷信・信仰に奉仕させようとしているのです。逆なので、一見わかりにくい犯罪になってしまっています。

粉飾決算は特別背任罪で、十年以下の懲役だったと思います。財務キャリア官僚全員 特別背任やっているのかな。矢野財務次官の場合は、国家公務員法違反の犯罪の疑いも大きいですね。

財務省(大蔵省)は、昔は複式簿記すら知らなかったと聞いたことがあります。どこまで墜ちるかわかりません。


posted by 山科玲児 at 07:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]