2022年03月06日

作品を見失う

Homme au verre de vin Balthelemy d'Eyk (1).JPG

多くの絵画は画家名を頼りに検索されることが多い。そのため、そうとう古い時代の無名画家の作品は、優れた作品で、渾名があっても、結構検索が難しいのが実情である。

ムーランの画家に関連して、昔、ルーブルで撮った「ワイングラスをもつ男」の絵を思い出した(イメージ  当方撮影)。データが欲しいと思って検索するが全くでてこない。
たしか、バルテルミー・ディックの作品だったかなあ、と思ったが、バルテルミー ディックが検索できない。
ひょっとしてエクスの画家か? と思っていたが、それもダメ。

バルテルミー・ディックについては、ようやく解説を発見した綴り違いだったようだ。

ところが、こんどは「ワイングラスをもつ男」自体がない。どうやら、この画家ではないと考えられているようだ。しょうがないので、ルーブル美術館のコレクションを古いところから総当たりでみる。全部で1万点、、300点ぐらいみてようやくみつけた。
どうも現在ではフランスともポルトガルともわからない無名画家とされているらしい。

なお、ルーブル美術館のコレクションには古いところでは、ポンペイなどのローマ壁画の小断片が、かなりあるようである。おもわぬ発見だった。




posted by 山科玲児 at 08:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]