2022年04月03日

菅道昇 大和文華館

趙子昴700年つながりですが、妻の菅道昇(菅仲姫)作と伝えられる絵が大和文華館で公開されているようです。


東アジア文人の肖像−書画と文房具−.

展示リストは、

会期 2022年2月18日(金)〜 4月3日(日)

菅仲姫の画の真贋はなかなか難しいところです。これもリストでは「伝」になっています。
台北の有名作品にも異論があるという話もあるし、よくわかりません。
わりと「らしい」この作品は日本にあるもののようです。たぶん大和文華館。

この展示リストの中では、方士庶の山水図冊は、昔みましたが、わりと大きく、しかも新安派の良さが現れた佳作だったと記憶しています。

タグ:大和文華館
posted by 山科玲児 at 08:33| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]