2022年05月08日

ボッスとパティニール

Bosch Epiphany Prado.jpg

石川美子「青のパティニール 最初の風景画家」(みすず書房)
http://www.amazon.co.jp/dp/4622078449

この本にある、

ヒエロニムス・ボスの「三賢王礼拝」(1494頃、 プラド美術館)上イメージ
http://www.wga.hu/html/b/bosch/91adorat/01tripty.html
https://www.museodelprado.es/en/the-collection/art-work/the-adoration-of-the-magi/666788cc-c522-421b-83f0-5ad84b9377f7

の風景をパティニールが描いたという推測は残念ながら成り立たなくなった。


というのも制作年代が1497年以前の1490年代であるということがわかってしまったからだ。妻のほうの寄進者が1497年に逝去しているから。しかもわりとすぐ再婚している。
プラドは、制作年代を1494年頃としている。パティニールはまだ10代前半だろうから、いくらなんでも無理である。
昔の推定では晩年作とされていて1510年ごろとされていたので、そういう推定もできる余地があった。

そうなると、パティニール風風景画の創造者はヒエロニムス・ボッスであり、パティニールは弟子として、風景画家としてのボッスの様式をより純粋に発展させたという位置づけになる。

posted by 山科玲児 at 15:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]