2022年06月26日

事実と解釈

「神秘の 西表島」という映像 番組をNHKの深夜に流していた。
東京のホテルで観た。

そのなかで、マングローブの下の泥のなかから、カニが次々出てくる場面がある。
これをみたら、
「カニは泥から自然発生する」
と主張しても不思議ではないなあ。。と思ったものである。
「生物の自然発生説」という、とうの昔に葬り去られた学説に帰依しそうになる。

観察された事実は一つでも、それを他の事実と比較して、どう解釈するかという問題があるのだろう。
posted by 山科玲児 at 09:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]