2022年07月16日

号外!日本史スクープ砲 やはり聖徳太子は実在した?

釈迦三尊   法隆寺 (2).jpg



という動画が公開されている。
いわゆる「唐本御影」は

2021年03月26日  聖徳太子唐本御影  木版画 

で書いたように、実は当方が審美書院の「鑑賞 日本名畫集、審美書院、昭和16年」の 木版画からデジタル化制作したものがひろく普及しているようだ。やはり御物の原本からやったほうがよかったかもしれない、でもわかりやすいし、他のマンガにもよく調和してるからなあ。勿論、著作権は失効している。
 また、釈迦三尊像も大正年間の法隆寺大鏡の図版(上イメージ他  複数ある)をつかえば、著作権消滅画像でだせたのになあ、と思ったものだ。なお、当方は、釈迦三尊像は若草伽藍からもちだされたものだと思っている。薬師寺の金銅三尊像なんて、もっと重く大きいのにちゃんともちだせている。それに法隆寺釈迦三尊像は分解できるようになっているので、実際には像高は高くない、光背は大きいけど分解して運べばなんとかなっただろう。




タグ:聖徳太子
posted by 山科玲児 at 10:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]