2022年07月25日

ショートアニメ

  たまにホテルでテレビをみたとき、テレビ東京やNHKの子供向けのショートアニメの水準の高さに驚く。こういうアニメが毎日大量生産されているわけである。
  年代の実験的アニメ作家として歴史に名を残すアレクセイエフAlexandre Alexeieffの作品集はだいたいショートアニメであるが、多くは現在のショートアニメと比べて遜色がある。
  未だに強い影響があり、傑作も多い、カナダのノーマン・マクラレンのアニメですら、ものによっては稚拙感がある。

 これは、現代画家の素描と15世紀の無名画家の素描と比べて、時間による選択で良いもの売れそうなものだけが残っているとしても、15,6世紀の素描に相当良いものがあるように見えるのとは正反対である。芸術は創始者に近いところにピークがくることが多いのだが、この場合はそうでもないらしい。
  また、ピタゴラスイッチのようなものもまた、TVの良い部分であろう。
posted by 山科玲児 at 08:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]