2022年10月01日

マタイ論争

Calling-of-st-matthew.jpg


ローマのフランチェーゼ教会の「聖マタイの召命」(イメージ)

マタイはだれか
という問題については、

当方も
2021年05月20日
カラヴァッジョ「聖マタイの召命」
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/188686238.html
で書いておいたが、

カラヴァッジョ     ほんとうはどんな画家だったのか
石鍋 真澄 著
https://www.heibonsha.co.jp/book/b607005.html
188P〜198P
では、
「左端の若者だ」という1980年代にでた説を完膚無きまでに否定している。
  石鍋氏の労作が一言一句 全て正しいという気はない。ケアレスミスが結構あることは既に指摘したし、未だ書いていないケアレスミスも一箇所以上ある。しかし、宮下氏もあまり執着しないほうがいいと人事ながら心配してしまった。


posted by 山科玲児 at 08:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]