2022年11月07日

2つの 守屋コレクション


「守屋コレクション」という名前が、ここ数年で、大阪城地図とか、色々話題になったそうである。ただ、古美術関係で昔から有名な守屋コレクションとは、関係がない。出身地も違うのでたぶん姻戚関係もないのではなかろうか???

最近話題なのは古地図古文書の 守屋壽(もりや ひさし)(1941-、福山出身 日本メルリリンチ)コレクションである。

国内屈指の古地図コレクター守屋壽の「守屋コレクション」848点が広島歴史博物館に寄託

 ふくやま草戸千軒ミュージアム(広島県立歴史博物館) > 収蔵資料 > 守屋壽コレクション

一方、古美術業界で古くから有名なのは、

守屋孝蔵コレクション(1876ー1953、仙台出身 弁護士 写経 銅鏡他 古美術)写経部分は京都国立博物館に寄贈 鏡は京都国立博物館がまとめて購入したようだ。

陶磁器や青銅器などは、一部大阪市立美術館にも入っているが、民間にあるものもある。



posted by 山科玲児 at 05:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]