2022年11月24日

遅れまくるフース本



Hugo Van Der Goes: Between Pain and Bliss

は、デストレからは1世紀、フリードレンダーからは半世紀ぶりのヒューホー・ファン・デア・フース(ヒューゴー・ヴァン・デア・グース)のモノグラフになりそうな本だが、
刊行は遅れまくるようである。

ドイツの該当出版社のサイトをみると、2023年の四月。これでは展覧会が開幕してもまだ出ていなさそうだ。
https://www.hirmerverlag.de/uk/titel-1-1/hugo_van_der_goes-2253/

更に、amazon.comやシカゴ大学プレスをみると2023年6月になっている。おいおい、展覧会が終わったあとで出るのかよ。
それに価格は上昇しそうだし、予約注文していた人は当初価格で売れるのかねえ。赤字になるよ。
まあ、来年の円為替レートによりけりだろうけど。
posted by 山科玲児 at 17:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]