2012年02月23日

福島 2号機の温度上昇 10続


2月8日にもちょっとコメントした RPVベローシール の温度が急上昇しています。
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/12022212_temp_data_2u-j.pdf

36.8(2月20日)→ 106.5(2月22日)
  
 どうも、これも前の温度計と似た現象のようにみえます。測定している場所は、
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/12022212_temp_data_2u-j.pdf
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/images/measured_point.pdf

 圧力容器上部の蓋のヘリであり、メルトダウンした燃料が付着しそうにないところです。
 3月の事故当初は過酷な温度・圧力などに晒されたところですし、その後も高放射線高温環境にありました。故障しても不思議はないところではあります。

  ただ、もし、この調子で一つまた一つと温度計が故障してしまうと、なにもわからなくなってしまう。ただでさえわからないことが多い二号機ですから、極めて危険です。
posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 2012年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]