2012年05月29日

菅直人首相でよかったのかも

  福島原発1号事故時に菅直人氏が首相で、まだよかったのかもしれない。

・鳩山由紀夫だったら、念力で制御しようとかムーみたいなことを言い出して取り返しがつかなくなってしまっただろう。実際、「軽水炉にスズをいれて冷却しろ」とかわけのわからないことを主張していた。 これじゃ、首相が「訪米」とか言い出して海外逃亡というケースもありうる。

・野田佳彦だったら、東電が「撤退したい」といったら唯々諾々と従って、「不退転の決意」で東日本の放棄・西日本での再建を国民に呼びかけたかもしれない。東京脱出の大混乱を「助け合いのこころがない」とか言っただろう。また、浜岡原発停止はありえなかっただろう。

  まだしも、功名心と自尊心のある菅直人氏だったから、かなりの過ちはあったとはいえ、なんとかおさまっているのだ。鳩山・野田のときだったらと想像すると身震いがくる。

 原発事故対応以外では、弁護しようのない菅直人首相だが、鳩山・野田ではなかったということで少しは評価してもいいのではないか。下には下があるのだ。

  産経新聞なんかは、無茶苦茶に酷評しているが、歪曲も多いので、
オリジナルのヴィデオ(二時間もある)をあげておく。
 国会事故調 第16回  菅直人
   http://www.ustream.tv/recorded/22911577
posted by 山科玲児 at 07:14| Comment(0) | 2012年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: