2012年09月24日

モンサントの遺伝子組み換え食品に毒性の疑い

仏ルモンド紙「モンサントの遺伝子組み換え食品に毒性の疑い」
翻訳:かなり良い翻訳だとおもいます。:http://vogelgarten.blogspot.de/2012/09/blog-post_5857.html

フランス語  原記事 ルモンドはいうまでもなくフランスで一番保守的な新聞 英国のタイムズみたいな新聞です。
http://www.lemonde.fr/planete/article/2012/09/19/un-ogm-de-monsanto-soupconne-de-toxicite_1762236_3244.html
posted by 山科玲児 at 10:21| Comment(2) | 2012年日記
この記事へのコメント
ルモンド、フランスでは中道左派の新聞ですよ。保守派の新聞の代表ははフィガロです。
ルモンド、ベルジェ氏グループが買収して以降、更に左寄りになりましたね。
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/research/focus/334.html

このモンサントの記事、ルモンドならではという印象を受けます。

ちなみに私、ゲイではありませんが、ベルジェ氏の大ファンです。
Posted by 南部藩士 at 2012年09月26日 16:12
ずっと昔の印象では、フィガロのほうが大衆紙という感じでしたが、ルモンドは左派の高級紙という感じだったかな。当時は左派が知識人という感じでしたからね。
Posted by 山科 at 2012年09月26日 17:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]