2012年12月31日

中国空軍の全貌


  ロシアの空軍 研究者 イエヒム ゴードンYefim Gordonとドミトリー=コルサコフによる中国空軍の飛行機を網羅した図鑑がでているようだ。英語版で、かなり優れたものらしい。個々のデータについてはより深いより正確な資料があるのだろいうが、こういう網羅したものは珍しいのではないか?
 自衛隊や関係者はとっくに入手/研究しているだろうが、不勉強な新聞記者などはちゃんと読んでおくべきだろう。出版社は軍事関係の出版が多い英国の会社のようだ。

amazonで「通常1ーー3週間以内に発送します。」になっているようだが、入手可能な一般書である。

Chinese Air Power
http://www.amazon.co.jp/Chinese-Air-Power-Organisation-Aircraft/dp/1857803213/ref=sr_1_2?s=english-books&ie=UTF8&qid=1356906876&sr=1-2

 実は、この情報は、東方書店の広告誌「東方」最新号で知った。なかなか役に立つ雑誌なので定期購読している。基本的にロシアの飛行機のライセンス生産、パクリ、改良型が多いようだ。ロシア人としては忸怩たるものがあるだろう。
posted by 山科玲児 at 07:49| Comment(0) | 2012年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: