2013年03月19日

金 章宗皇帝の所蔵印

SEALS 明昌御覧.jpg


金時代、 章宗皇帝の所蔵印について、真偽を分類し、題箋などもチェックしていたら、
大英博物館の女史箴図巻についている、絹本の痩金書墨跡はかなりあやしく、3つほどある題箋を基準作にするほかないという結論にいたりました。

まあ、こういうものは、みんなわりと閑却していて、昔の本のいいつたえをそのまま信じ込んでいることが多いようです。

洗ってみたら、結構へんなことが多い。


posted by 山科玲児 at 10:02| Comment(1) | 2013年日記
この記事へのコメント
>大英博物館の女史箴図巻についている、絹本の痩金書墨跡

この痩金体は、章宗の書いたものですか?
結構まがいものがあるのですね、
知識と眼力付けて、真贋を見分けられるようになりたいものです。

専門のお仕事には尊敬致します。
またご教示賜りたく存じます。
Posted by 臨夏 at 2013年03月19日 10:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]