2013年03月20日

やはり配電盤が原発の急所


福島第一原発の停電は一応回復したが、やはり配電盤が原発のアキレス腱のようである。

福島第一原発冷却システムすべて復旧
http://www3.nhk.or.jp/news/genpatsu-fukushima/20130320/index.html

>東京電力は、今回停止した配電盤のうち、残る1つで異常があったとみて調べていますが、目立った損傷などはなく、トラブルの原因はいまだに分かっていません。

  まあ、一つ一つ立ち上げてみて、確認し、まずいところを探すという消去法をやっていたわけだが、まあそれはそれで正しいやりかたなんじゃない?コンピューターネットワーク 事故の対処でも、この種の「切り分け」で悪い部分を隔離し、代替経路を使うというのが一番重要なことだ。
 NHKはなんで批判的に書いているんだろう? 技術の現場を全く知らない記者ですね。
 また、3時間遅れたというが、この場合は、(手動注水など)代替手段がないことはないのだし、事態を把握してから報告しようというのはおかしくない。
 停電直後、例えば10分後に報告したとしてですよ、「停電しました」「どこが止まっている?」「わかりません」「避難は必要か?」「わかりません」じゃパニックになってしまうでしょ。
 原発のような巨大な機械の場合、暴走のときはともかく、事故発生後の時間的余裕があることが多い。そのかわり回復も時間がかかるのだが。。
 東電を擁護するような文章になって自分ながら不本意だが、NHK・大新聞・通信社ともに技術がわかっていないバカな記者が多いのだろう。

2012年05月31日に、
原発では、配電盤が急所になっている
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/56161993.html
という記事を書いたが、思っていた以上に核心をついていたようだ。
posted by 山科玲児 at 09:12| Comment(0) | 2013年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]