2013年03月21日

ドレイク艦長の邸宅

エリザベス一世のもとで、スペインのアルマダ(無敵艦隊)を撃破したドレイク提督の邸宅
だったバックランド修道院でレンブラントが発見されたという話しは昨日アップした。

いうまでもなくナショナルトラストの管理下にある、この
バックランド修道院のサイトに、さっそくそのレンブラントがアップされている。
早いね
http://www.nationaltrust.org.uk/buckland-abbey/

若い頃の、バブル時代のレンブラントで、結構いいんじゃないの? という感じがする。

なんと、2010年寄贈で、修道院の食堂(といってもレストランになっていたわけではない)にかかっているそうだ。まあ、レオナルドの最後の晩餐も修道院の食堂壁画だしね。

このバックランド修道院は今は公共施設になっていて、色々なイベントが開催されているようだ。庭園も良いらしい。

でも「ギャラリー」じゃないよな。。マスコミさん。もう少し真面目になってね。年収1000万以上とってるんでしょ。 といっても無理か。

posted by 山科玲児 at 07:21| Comment(0) | 2013年日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]