2019年01月19日

インドにある中国風壁画

ladies in garden 西域.JPG

これは、オーレル・スタインがトルファンで発掘した

絹地壁画だが、インドのニューデリーの博物館にあるせいか、あまり、注意されない。図版のイメージの原高は35cmぐらいだそうだ。

トルファンの壁画が中華人民共和国で発掘されていて、そればかりがクローズアップされるというのも奇妙なことだと思っている。 確かに優れたものも多いのだが、先行業績ガン無視というのもどうなんだろう。この種の樹下美人の様式を 米沢氏は 「周古言」という画家にあてるという仮説を提唱している。

最近ニューデリーの博物館のサイトで、これらしい、写真紹介があるのをみつけたので、紹介したくなった。 同じものなのか一連のものの一部なのかはよくわからない。
National Museum  New Delhi
Ladies in a garden  7th - 8th Century A.D.

イメージ・ソース  米沢、中国の美人画、1958、平凡社、東京
posted by 山科玲児 at 10:04| Comment(0) | 日記

2019年01月18日

懐素 小草千字文

今回出展されている懐素 草書千字文 について、

  王耀庭先生、一字一金≪千金帖≫、故宮文物月刊307の記事をとりあげて読んでみた。
  蘭千山館 本は、なんといっても懐素の書風を知ることのできる重要な作品だろうと思う。
最後の1行がなんか違和感があり、また、その行の左上にすりけしたあとがあるようだ。
王耀庭先生の論説だと、この行はむしろ他人が書いた観記か、臨写した人の記録ではないかといっている。仮に臨写であったとしても、 もともと、2行目に「懐素」と書いてあるんだから懐素の書がもとになってることは疑いなく、貞元十五年なら、懐素はたぶん生きてただろうから、逆に信頼性を大きくしている。少なくとも懐素とは何の関係もない書跡というわけではないはずだ。


posted by 山科玲児 at 11:13| Comment(0) | 日記

レザークラフト材料の通販

長年使ってきたカード 通帳入れが壊れかけてしまったので、
修理のために、0.6mmという薄いなめし革の材料を
通販で買った。東京なら東急ハンズへいったかもしれないが、長崎ではなかなか、、


レザーマート

こういう用途には良い商品を適正か価格で小売りしてくれているようだ。

posted by 山科玲児 at 09:05| Comment(0) | 日記

2019年01月17日

Firefox導入

Firefoxを導入して使ってみました。
たしかにメトロポリタンのサイトもちゃんとみることができるようです。

まずは、試験使用してみて色々なサイトで問題がなければ、徐々にこちらに移していこうと思います。

どうもね、IEはある種のサイトで暴走することが最近多くなりました。巧妙なウイルス的フィッシングサイトが多くなったのか、マイクロソフトの嫌がらせなのかはわかりません。

posted by 山科玲児 at 15:48| Comment(0) | 日記

三国志展

東京国立博物館と九州国立博物館でのずっとさきの開催予定なんですが、、

特別展 三国志

なんかあざといなあ。予告サイトだけみると、内容が薄い気がします。

posted by 山科玲児 at 09:32| Comment(0) | 日記

2019年01月16日

ゴッホのヒマワリが目玉??【追加あり】

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展が来年2020年に東京と大阪で開催されるようだが

ゴッホのヒマワリ が目玉・ウリなら、当方としては無関係のような企画展のようだ。
落ち穂拾いはあるかもしれないが、
せめてクロード・ロランとかさあ。。

【追加】ナショナルギャラリー自体のプレスだと、もうちょっとましな感じがする。

The exhibition of some sixty paintings, ranging from the Italian Renaissance to the beginning of the 20th century, will provide a comprehensive insight into the history of our holdings,

拙訳「約60点の展示はイタリアンルネッサンスから20世紀初めまでに及び、NGの所蔵品の概観を提供することができるだろう」


posted by 山科玲児 at 14:27| Comment(0) | 日記

風邪で

風邪 治療中なので、あまり良い話はあっぷできないようです。
まあ、イベントネタで衝撃的なものがあれば別ですが。。

posted by 山科玲児 at 02:02| Comment(0) | 日記

2019年01月15日

点滴

点滴うけてきました。でもまだ完治ではない。
posted by 山科玲児 at 13:20| Comment(0) | 日記

2019年01月14日

梅原猛 逝去


文化大革命を中国における「倫理の回復」と評価したのはマスコミ情報しかなかったころとはいえ、汚点だったと思う ref。
ref 梅原猛、哲学の復興、講談社現代新書、
posted by 山科玲児 at 16:17| Comment(0) | 日記

正字と鄭道昭

乱 鄭文公.JPG漢字字形の問題点s.jpg


現在、いわゆる「知識人」に正字=康煕字典体 を尊重し、常用漢字/当用漢字を貶す連中が少なくない。

2013年05月16日
旧字体のほうが新しい
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/67701082.html
というアップをしていたが、6世紀初期の鄭道昭の書には当用漢字・常用漢字が多い。
例えば、上の「乱」(鄭文公下碑)である。これの康煕字典体というか旧字の活字体は「亂」(孫氏易傳集解 下イメージ)である。

   これは、常用漢字当用漢字をつくるときに、明治以来書家に好まれた鄭道昭の拓本文字を模範にしたからかもしれない。

  正字に戻すのではなく、古くからの筆記体を使って、より良い漢字書体をつくるのが良いと思う。
それは、労作 
 漢字字形の問題点ー併『平22、常用漢字表』追字批判   : 野崎邦臣
でも主張されているところである。

乱 易繋辞傳.jpg
posted by 山科玲児 at 11:21| Comment(0) | 日記