2017年04月23日

ブリューゲル(父)のサイト

カリフォルニア大バークリー校が、
ピーター ブリューゲル(父)のデータサイトを構築したようです。

まあ、こういうのは、カリフォルニア大バークリーは、得意だろうけれど、ありがたいものでもありますね。

絵画はともかく、素描=デッサン=ドローイングについてはまとまった資料が少ないか高価なので、
疑問作・流派作も含めて
ここで集成していただければありがたいと思います。

意外に版画については、集成が多いのですが素描は少ない。

このサイトは、まだ版画については準備中のようです。
まあ、岩波書店のブリューゲル全版画など、ブリューゲル版画については、日本でも本がありますから
さしあたり問題はないでしょう。





posted by 山科玲児 at 21:05| Comment(0) | 日記

バベルの塔  ポスター

Banel Breugel Boymans ss.jpg

2001年にロッテルダムのボイマンス美術館におけるボス展の際に、 顔を画面近くにつけるぐらいに、なめるように鑑賞できたブリューゲルの「バベルの塔」ですが、今、東京で公開されているそうです。夏には大阪でも開催するようなので鑑賞できる人も多いでしょう。ただ、細密画ですから、近くで観ないとわからない部分が多いのですが、展示環境を考えると無理だろうな。まあ、全体の感じや肌合いを観るだけでもそうとう刺激になると思います。

 ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
        公式サイト http://babel2017.jp/
   2017年4月18日(火)〜7月2日(日)東京都美術館
     http://www.tobikan.jp/exhibition/h29_babel.html
   2017年7月18日(火)〜10月15日(日)国立国際美術館

 2001年にボイマンスの売店で買って日本に郵送してもらったのが、このイメージの額絵・ポスターなんです。 原寸より少し小さいのですが、相当大きいものなので細部もわかります。左上の30cm物差しとくらべてみてください。原寸が60 x 75 cmだから15%縮小ぐらいですかね。

 今回の展覧会の売店でも売っているかもしれませんね。ロッテルダムでも相当高かった記憶があるので、日本だとかなりな値段をつけるんじゃなかろうか?

posted by 山科玲児 at 08:36| Comment(3) | 日記

フランス大統領選挙


日本時間では今日午後から夜に投票が行われる、フランス大統領選挙が混沌としているようだ。
選挙は決選投票を含めて2回行われる。次は5月だったと思う。


去年の時点では、

国民戦線のマリーヌ  ルペン と中道のフィヨンの勝負になるというような風評だったが、
共産党のようなメランションが躍進してきたし、中道からわったマクロンが躍進し、フィヨンがスキャンダルで滑り落ちそうなので、
まったくわからなくなった。


思えば、前回も鉄板とされたドミニク ストロスカーンが米国で強姦疑惑(無罪)で陥れられて脱落したあと、間に合わせのように出たオランドが当選するという大波乱だったので、毎回こうなのかなあ、、と思い直した。しかしグローバリスト::サルゴジってほんとに嫌われていたんだなあ。

  マリーヌ ルペンは、前回の選挙では、消極的ながらオランド支持をしたという、政局を読むのに長けた、そうとう賢明なオバサンだ。ルペンが消極的支持をしたからこそオランドが大統領になれた。もし前回の恩をオランド支持者が返すつもりなら、ルペンが当選するだろう。

  しかし、マクロンみたいな無個性にみえる顔の人に人気があるなんて、意外だな、フランスマスコミのミスリードかもしれない。ルペンもメランションもいやだ、、というマスコミの願望ですかねえ。



posted by 山科玲児 at 06:52| Comment(0) | 日記

2017年04月22日

今井凌雪の遺作



南円堂  灯籠 興福寺 (2).jpg南円堂  灯籠 興福寺 (1).jpg


書家  今井凌雪先生の遺作(潤一)(1922 - 2011)の遺作として、私が憶えているのは、イメージの青銅板に鋳こんだ文字です。
これは、興福寺南円堂燈台の「平成観音讃」です。陳舜臣さんの文章で今井先生の書です。
間近で手に触れ、写真も撮ったのですが、なかなか悪くない。
500年後に残るかもしれない今井先生の基準作はこれかもしれませんね。

南円堂  灯籠 興福寺 (3).jpg
posted by 山科玲児 at 09:46| Comment(0) | 日記

2017年04月21日

ゴールドベルクを弾く女性たち


 弦楽トリオ編曲によるゴールドベルク変奏曲は、ずっと愛好していて、
 YOUTUBE動画では
 日本の小樽でのライブである
ヴァイオリンの島田真千子 ヴィオラ 大島 亮(Ryo Oshima 、 チェロ奥泉 貴圭(OKUIZUMI TAKAYOSHI) 
  J.S.Bach Goldberg Variations (arranged for string t
  http://www.youtube.com/watch?v=LdIXzJyENTs
を愛聴している。
  どうも、演奏会の曲目として、結構定着しているらしい。聴いて楽しいし、聴き応えがあるし、演奏者の裁量もバロックなので相当程度まで許容されているので、変化や独自性もつけやすい。また、変な話だが現代で再創造された音楽「現代音楽」なので、バロックバイオリンやバロックピッチ、奏法などは考慮する必要はなくモダン楽器で派手にやっても問題はないということもある。勿論、古楽風でもいいわけで、非常に自由度が高い。

   最近、神戸と東京で演奏会があったようで、神戸にいきたかったが、予算・時間の都合で断念した。

  そういう、楽しい音楽であるが、最近、YOUTUBEをみていたら、女性ばかりのトリオの演奏がたくさんあり、良くも悪くも面白かったので紹介してみる。

まず紹介するこれは、スペインの団体のようで、大柄なお姉さん達がやっているのだが、
なんか調子っぱずれにきこえるのは気のせいか??
まさか下手なのか?それともなにか深遠な根拠があるのか?
それともフラメンコ風とか???  わけがわからない。。
Bach Goldberg Variations for string trio (1) BWV 988 por el Trío Gabriel Rodó - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=iqHeR7uQ5uA


次がスウェーデンの団体。
舞台が凝っていて真っ白、衣装も真っ白、北欧デザインですうう、、と目一杯主張してます。 そのあと曲が変わる度に服の色が変わるようにみます。これはかなり凄い演出ですがどうやっているのかな。

演奏は至って優等生的で、危なげはないがそう面白くない、、スウェーデンっぽいといえばそうかなあ。。

Trio playing Goldberg Aria & variation 1-3 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=9WnxFC7LvGY


次がアメリカ、ニューヨークの大学ホールで、、これは音楽的には一番良いようです。普通
https://www.youtube.com/watch?v=VtfJ62FeF4o


CDだとシューマンとのカップリングなんですが、
現時点ではなかなか良い
バッハ:ゴルトベルク変奏曲(弦楽三重奏版)、シューマン:ピアノ四重奏曲
 日下紗矢子、赤坂智子、石坂団十郎、北村朋幹
日本コロンビア

を推薦しておきます。

posted by 山科玲児 at 08:28| Comment(0) | 日記

2017年04月20日

英語読めない?


トランプ氏の「韓国は中国の一部」発言に反発=韓国政府
http://news.livedoor.com/article/detail/12957590/

見出しが既に誤訳だしねえ。
英語読めない連中が多いな。

習近平がトランプ に数千年の中韓関係を10分ほどしゃべったあと。
トランプ> Korea actually used to be a part of China
訳:コレア(朝鮮半島)は、確かに過去に中国の一部だったことがある(今は違う)

posted by 山科玲児 at 08:20| Comment(0) | 日記

2017年04月19日

地震

  地震があってびっくり、東京ではしばしば経験していたのですが、長崎では震度3てのはめったにないものですから。
タグ:地震 長崎
posted by 山科玲児 at 12:59| Comment(0) | 日記

鄭文公碑

鄭文公下碑.JPG



 北魏の鄭道昭が書いて磨崖というか大きな石に刻した鄭文公碑(下碑)は19世紀以降、包世臣が絶賛したせいもあり、人気が高い。そのためか偽物の拓本も多いようである。なんでもレンガに全部彫ったのが某所にあるそうで、その荒れた表面の感じがいかにも風雨に摩滅した古碑の感じになっているそうである。また、この大きな磨崖を大きな石に全部そっくりに彫ったというものもあるそうで、その努力には呆れるばかりだ。拓本によっては墨が非常に濃くて石面の感じもわからず、字の線にも墨が入ってしまっているようなものがある。そういう拓本では真贋はなかなかわからないし、また鑑賞価値も低いと思う。
 1990年ごろでは、拓本を二册の折り本にしたてたものの完本(一応 本物)が10万〜20万円ぐらいだったように記憶している。龍門二十品のセットがやはり二十万円くらいだった。

 イメージは、前にも出した一冊だけの端本の一部だが、これはたぶん本物だと思っている。もっとも最初みたときは表紙など廃墟のように傷んでいた端本なので買ったときも安かったし、現在でも高いものではないだろうが、まあ個人的には良いものなので修理して愛蔵している。

 もともと、非常に多数の拓本があるものなので、そう珍しいものでもないはずだが、人気があるので偽物も多いということだろうか。
  有名な旧拓本としては、比田井南谷 旧蔵本、中村不折旧蔵本、松井如流旧蔵の全套本などなど、とにかく数は多いので、まともなものを観るのに困るということはない。それなのに、ずいぶん変なものを使っていることがあるのは不思議なことである。
posted by 山科玲児 at 08:10| Comment(0) | 日記

2017年04月18日

ラーマーヤナのマンガ版がほしい


ラーマーヤナ.JPG


今回、タイやインドネシアのことを思い返して、再度思っているのは、
ラーマーヤナの日本のマンガ版がないものだろうか、というこだ。
翻訳というか初心者向け抄訳物語本(ラムのシェークスピア物語みたいな)ものとしては、


ラーマーヤナ―インド古典物語 (上) (レグルス文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4476010016
がある(イメージは旧版)。
しかし、マンガによる導入があればずいぶん理解が早いだろう。インドにもマンガはあるだろうが、インドのマンガはちょっと日本人には親しみにくい。アメコミに近いところがある。

  まんがで読破シリーズがずいぶんあるようで、
神曲、資本論、フロイト、わが闘争、カラマーゾフ、古事記、ケインズの雇用・利子および貨幣の一般理論、クラウゼビッツまであるようなので、
出版社にも希望を出しておいた。

posted by 山科玲児 at 09:00| Comment(0) | 日記

博多のパン:ポールがあった

PAUL PAiN.JPG



博多でパンを買うとき、昔はパルコの神戸屋でハードパン買っていたのだが、最近は神戸屋にヨーロッパ風のハードパンがなくなったようなので、困っていた。

先週、天神三越の地下でポールをみつけた。
PAUL 福岡  天神 三越地下
http://www.pasconet.co.jp/paul/shop16.html

 ここは、かなりずっしりしたカンパーニュやセーグルパンを出しているので、ようやくこれでOK

ポール自体はフランスのリール発祥のパン屋で世界展開しているようである。
PAUL 1889
http://www.paul.fr/fr/

長崎だとマルコポーロ
http://umakamon.area9.jp/article/0168308.html
長崎で、意外にいいのが、ポンパドゥル
http://www.pompadour.co.jp/topics/shop/nagasakihamaya
posted by 山科玲児 at 05:57| Comment(0) | 日記