2017年08月06日

金縁の鼻眼鏡

ジェレミー=ブレットのシャーロック・ホームズの冒険TVシリーズにも入っているが、
ブレットの病気のせいかいまいちのできの


である。
もともとは、  1904年7月にストランド誌に掲載され、The Return of Sharlock Holmes(1905)に収録されたもので、なんと原稿が残っているらしく、テキサス州オースティンにあるそうだ。
Ref Oxford 版。


しかし、このもとのストーリーには、面白いところがある。
それは、足の悪い車椅子生活のコラム教授(実はロシア人 セルゲイ)が別荘で、助手の手助けを受けながら著作している大部の本が、

>シリアとエジプトのコプト キリスト教修道院で発見された文書に基づく研究

なんだそうだ。

これは、当時、エジプトの古代のゴミ捨て場で発見されたパピルス文書(オクシュリンコス=パピルス)が評判になり、それにともなって更に100年以上前に発見され大英博物館図書館などにおさめられていたコプト語の文書;ブルース写本が1894年に刊行されたりしたことと関係があると思う。また、こういう文書のなかにグノーシス派キリスト教の著作もあったので(トマス福音書やマグダラのマリア福音書) 、後年に心霊主義:スピリツュアリズムに傾倒したコナン=ドイルを惹きつけたのかもしれない。




posted by 山科玲児 at 08:51| Comment(0) | 日記

2017年08月05日

日経新聞記者は読者を馬鹿にしている


日経新聞記者は読者は英語・米語が読めないと思っているらしい。
この件は、昨年話題になったそうだが、日経のサイトは特に経済問題では何の参考にもならないので、
ほとんど観なかったため、最近知った。

[FT]トランプ、プーチン、安倍…強権指導者の危うさ 2016年11月7日
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09134450U6A101C1000000/
これはギデオン=ラックマンGideon Rachmanの署名記事だから、

Financial Timesの
Trump, Putin, Xi and the cult of the strongman leader - Financial Times 2016年10月31日
https://www.ft.com/content/39da343a-9f4b-11e6-891e-abe238dee8e2

明らかに見出しが違う。「習近平」が正しいのに「安倍」になっている。
こういう印象操作・見出しの、汚い操作は新聞がよくやる手段であるが、署名記事の翻訳にもやるのかと、呆れてしまった。

日本企業の中国への投資を煽りまくって、何の反省もない日経新聞らしい。
まあ、日経新聞読むと株式投資で損すると、古くからいわれている所以ではある。
経済についてだけは酷い日経新聞という風評は伊達ではないか。。


posted by 山科玲児 at 16:36| Comment(0) | 日記

久しぶりに観ました


Pontromo annunciation ST FELICE (1).JPG


  1981年に京都国立近代美術館で開催されたイタリア・ルネッサンス美術展のとき
買った大きなポスターを久しぶりに出してみました。 ポントルモの受胎告知の右側:聖母の部分です。
左は大天使ガブリエルです。

このポスター自身:縦103.5cmx横61cm という大きなものなので、見応えがあります。かなり長くながめてました。



この特別展は、京都国立近代美術館と東京の西洋美術館で開催されました。
このポントルモのフレスコ画は圧倒的で、これでポントルモがいっぺんに好きになりました。その前はポントルモの日記(1554-1556)というのだけでこの画家を知っていただけなんですけどね。今でも好きで、パルミジャニーノの作品よりポントルモの作品のほうが好きです。その後ポントルモの作品を色々観ましたが、同じカポーニ礼拝堂にある油彩の「十字架降架」だけが匹敵する/やや優る傑作でそれ以上のものをまだ観たことがありません。このフレスコ画もそうなのですが、ポントルモの絵、とくにフレスコは傷みが多いものが多いのが残念で、評価が難しいこともあります。

この受胎告知は大きなフレスコ画なんですが、壁面から剥がされて修理額装されまた壁面にはめ込むという
方法が行われていますので、日本までやってくることができたということです。
 この技術については、
    フレスコ画のルネサンス
    http://www.amazon.co.jp/dp/4140805706
  で読みました

 フィレンチェに旅したとき、この壁画と油彩の「十字架降架」があるサンタ=フェリチタ教会のカポーニ礼拝堂に何度も通いました。


posted by 山科玲児 at 09:46| Comment(0) | 日記

2017年08月04日

西洋ルネサンス時代におけるダンス

 Versailles 舞踏 ダンス.jpg

Capella De Ministrers による演奏とマンテーニャの名画「パルナッソス」プレゼン動画
Passamezzo antico Diego Ortiz c 1510 c 1570 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=UnQGz-Wv-nw


 このルネッサンス時代のダンスがどんな振り付けをしたのかよくわからないのですが、一応、復元したものがあります。
Diego Ortiz Recercada Primera (Renaissance Dance) - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=q2lobVuxjAU
また、メトロポリタンの動画
Early Music Exposed - The Jigge Is Up Dance in Shakespeare's Time  The Metropolitan Museum of Art
http://www.metmuseum.org/metmedia/video/concerts/early-music-exposed

 バロック時代の舞踏については、ある程度、根拠があるみたいです。2005/3/13に、東京文化会館小ホールで観た「踊るヴェルサイユ:王の舞踏」(イメージ) を思い出しました。レクチャーコンサートでした。 前田りり子さんが、最近の研究結果を説明しながら、市瀬陽子さん指導でバロック時代のダンスの復元について実演する企画で、とても勉強になった。やはり歩き方足運びが多く記録されているので、それをもとに復元するもののようです。
posted by 山科玲児 at 09:53| Comment(0) | 日記

2017年08月03日

2段鍵盤ピアノでゴールドベルク

ニューヨーク  メトロポリタン美術館のサイトの動画には興味深いものがしばしばある。

この2段鍵盤ピアノでゴールドベルク変奏曲を演奏したライブ動画も、良かった。

ほとんど手の部分をクローズアップしていて、2段鍵盤をどう使っているかを分からせるような教育的記録的な動画になっている。

たぶん、望遠カメラでやっていたのかな?

演奏も上品でピアノの音も清澄で良く、親しみのもてる演奏で、好ましい。

2014年11月21日の、メトロポリタン美術館での公演
Christopher Taylor というピアニストだそうだ。

ピアノはベーゼンドルファーの1940年製品。

The Goldberg Variations The Double Manual Experience  The Metropolitan Museum of Art


【補足】  この人、完全に暗譜で演奏してますね。 ヴィーク先生に厳しく教育されたのかな? (参考文献:かかし朝浩 ムジカ)
posted by 山科玲児 at 09:52| Comment(0) | 日記

浦上天主堂前でフルーツ生ジュース

フルーツいわなが.JPG


 暑い、このごろ長崎の浦上天主堂までいかれる方にお薦め。天主堂の向かいに、
新鮮なフルーツ生ジュースが飲める果物屋+フルーツパーラーがあります。
なんせ、高級果物屋だから、材料が違います。

フルーツいわなが 
  長崎市平和町9-8
tel & FAX 095-844-4311
フルーツ生活(フルーツいわながのブログ)
http://iwanagaf.exblog.jp/
posted by 山科玲児 at 08:42| Comment(0) | 日記

2017年08月02日

バルトロメウス・スプランヘル

ブリューゲル  幸福.JPGspraenger  sabauda torino.jpg


今回、ボイマンス展をねらった便乗出版っぽい本の一つに

ブリューゲルとネーデルラント絵画の変革者たち (ToBi selection)  2017/4/15
幸福 輝 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4808710811

があります(左イメージ)。
この後半にブリューゲル時代前後の色々な、画家の作品が紹介されていたんですが、
そのなかで、妙な作品がありました。バルトロメウス・スプランヘルという画家が描いた「最期の審判」(右イメージ)です。イタリアのトリノのギャラリア=サバウダにあるそうです。ただ、ネットのイメージがないので、米国カリフォルニアのポールゲティのとことの写真ライブラリーを紹介しておきます。


これはフラ=アンジェリコの作品(ベルリンにある)ものを敷衍したもののようです。


なんかすごく優雅で上品な作品なんですが、この
バルトロメウス・スプランヘルさんは、下のこんな露骨な絵でよく知っているので、とても違和感がありました。昭和59年のウイーン美術史美術館展でみました。日本にも何度か来ていると思いますので、この絵はよく知られていると思いますよ。
まあ、あのルドルフ二世に重用された画家だから、色々複雑な多様な絵を描くのはあたりまえなんですかねえ。
画家の人格というか性格自体が複雑でないとやってられないかもしれないなあ。
ところで、この人の名前どう読むのが良いのかな。WIKIなんかはバルトロメウス・スプランヘルですが、バーソロミュー=スプランガーでもよさそうだしなあ。。

SPRANGER, Bartholomaeus
(b. 1546, Antwerpen, d. 1611, Praha) 
Venus and Adonis
1597
 Oil on canvas, 163 x 104,3 cm
 Kunsthistorisches Museum, Vienna
 http://www.wga.hu/html/s/spranger/venus_ad.html
https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Bartholom%C3%A4us_Spranger_021.jpg

Spraenger KL.jpg
posted by 山科玲児 at 09:24| Comment(0) | 日記

2017年08月01日

トリノ=ミラノ時祷書

Turin Milan Hours.jpg

先日、装飾写本を観るで触れたトリノ=ミラノ時祷書は、非常に複雑な伝世過程を経ている。

この件は当方は、2004年に一度書いていた。

十三年後の現在でも、
wikipedia の
トリノ=ミラノ時祷書
の解説も全くわかりにくく、見通しが悪すぎる。実は英語版wikiも、あまりよくなく、
ご本家のフランス語版wikiが、ようやくまともな解説になっている。

ただ、画像データはこのカテゴリーに結構あるようだ。

1996年に、日本では岩波書店が参加してトリノ=ミラノ時祷書
の国際共同出版でファクシミリ版を出したときは150万円という法外な価格であって、公共図書館ですらほとんど所蔵していない。このとき、一般向け解説書をだせばよかったのだろうが、出さずじまいだったので、ファクシミリにともなう解説・資料は読む事はできない状態である。

そこで、簡潔に鳥瞰図的にまとめてみる。

1.1400年以前にベリー公ジャンが作らせた600P以上もある装飾写本があった。テキスト書写や枠の装飾はほぼできていたが、後半にはあまり絵がまだ入っていず空白で未完成だった。1册に装幀されていたとは限らず2册や3册本だったかもしれず未装幀だったかもしれないが、ベリー公自身によって、この未完成本が家臣のロビネデスタンプに譲られた。

2.2017年現在では、その写本は、焼失・紛失分も含めて4つにわかれている。

  2-a パリ国立図書館本。126葉(256P)
 この部分の絵は⒁世紀末のものが多く、また15世紀初めのランブール兄弟らしい絵も入っている。ベリー公のもとでほとんど完成されていた部分のようにみえる。
 この本については、聖母のいとも美しき時祷書( Les Très Belles Heures de Notre-Dame)とよばれているし、この2-a〜d全体について、Les Très Belles Heures de Notre-Dameという名称で総称する場合もある
 パリ国立図書館サイトで閲覧可能::
Tres belles Heures de Notre-Dame .  Gallica

  2-b 1904年にトリノで焼失した本。91葉(182p)
 これは時祷書というより祈祷書。絵についてはモノクロ写真が残っているようだ。ただ、この本から流出した断片が2-dにあるので、現在残っている部分も数Pあるといえばある。

  2-c トリノ美術館所蔵本.。127葉(254p)
   これは時祷書というよりミサ典書。ミラノの貴族から1935年にトリノ美術館が獲得。

  2-d  流出した断片


美術史上で、トリノ=ミラノ時祷書というときは、2-b,2-c、そして断片のいくつかを含めていうことが多いので、2-aが落ちてしまい、ますますわからなくなってしまう。更に2-bと2-cを混同して、焼けた写本がなぜあるのか?と混乱する人も多くなる。

 細かい伝世と制作事情については、めんどうなので省くことにする。

なんで、2-bと2-c が特に問題視されるのかというと、ベリー公の手を離れ、ロビネデスタンプの手からも離れた未完製本の空白箇所に15世紀初期(1420年前後?)当時の貴族が絵を追加させた。 その中にあの初期ネーデルランド絵画の巨匠  ヤン  ファンアイクJan van Eyckの作品(イメージが特に有名)がかなり入っているようだというので、20世紀初頭から延々と議論の対象になっているからである。

ヤン  ファンアイクが絡んでなければ、この写本がこんなに注目されることはなかっただろう。

ロッテルダムのボイマンス美術館でヤンファンアイクとその周辺展が開催されたとき
有名な2つの絵が展示されたようだ。もし現在も装幀された本ならば、展示替えでページを変更したのかもしれない。オランダベルギー在住じゃないと2P観る事は不可能だっただろう。


 また、ロビネデスタンプが分割したという記述を読むと、本を切断したかのようにみえるが、600P300葉もある。 薄い紙でなく、あのそれなりに厚手の羊皮紙で600P以上とはちょっと、、、 しかも内容的には3部に分かれたものだから、 もともと3册本だった可能性は高いし、極自然なことのように思った。


posted by 山科玲児 at 09:13| Comment(0) | 日記

ユダヤではなかった

猶太南インド.JPG


 長崎市の松山町平和公園近くにこんな新しい看板ができていて、新しいレストランかな、といってみましたが、まだ開店してませんでした。

 実は猶大とあったのでユダヤ料理コーシャーレストランかな?と期待したんですが、

単に店主の名前Judeだったようです。まぎらわしいなあ。

猶大 ≠ 猶太

だったようですね。

ああ、紛らわしい。

posted by 山科玲児 at 07:24| Comment(0) | 日記

2017年07月31日

アイスの実

アイスの実 マンゴー.JPGアイスの実 ぶどう.JPG
きゃりーとレミの【しちゃってみ クッキング】アイスの実ドッグ
https://youtu.be/w3ousCgXEPQ

再生回数79万3000回超え、、こりゃ100万回超え目前かな。シリーズ化希望です。

まあ、これで知った アイスの実を食べてみました(上イメージ)。マンゴーは期間限定だそうです。
結構おいしいと思います。ファミマやローソンで結構売れてるみたいで売り場スペースがかなり空いてしまっていました。

 
そのアイスの実って、こういうものです。
  グリコ  アイスの実
  http://www.glico.co.jp/ice/icenomi/index.html

カクテルに入れるレシピとかありましたのでやってみましたが、イマイチ。
他のレシピも考えてみます。アイスクリームとはどうかな。

例によってロッテはパクリ商品を出しているみたいですね。



posted by 山科玲児 at 09:33| Comment(0) | 日記