2017年09月30日

ねぎだくおろしポン酢風味

ヤマヨシ  ねぎたく .JPG



わさビーフであてて、そのあとも、
変わった味のポテトチップスを出し続けている。
山芳製菓
https://www.8044.jp/
新作の
「ポテトチップス ねぎだくおろしポン酢風味」
をセブンイレブンで買ってみたら、良かった。
わさビーフ以来のヒットになるかもしれない。そのくせ公式サイトにCMがないというのは不思議だなあ。
最近、燻製バター味とか、生姜味とか、イマイチヒットがなかったからこれは売れて欲しいな。

ところで、この「ねぎだく」ってのはなんなのかな。どうも牛丼屋の用語で、「タマネギをたくさん入れる」ということから出たようです。そのあと、他の料理でもネギをどっさりいれることを入れることを意味するようになってきたようです。



posted by 山科玲児 at 08:47| Comment(0) | 日記

2017年09月29日

蓼冷汁天目 【訂正あり】


蓼冷汁って、なんなんだろうと思っておりましたが、
藤岡了一、 「蓼冷汁天目」「Museum」212、昭和43年(1968年)

によると、藤岡了一氏が、日本料理というか茶席料理のトップ  京都 辻留の辻嘉一氏へ訊いたところ、、
「現在、蓼冷汁と名付けられるものは絶えているが、それはおそらく蓼の葉を冷や汁に摺り加えたもので、蓼独特の刺激性の舌触りによって、いろいろの具の『なま臭さ』を抑えると同時に、蓼の鮮やかな緑が料理を美しく見せるのに役だったものであろう」とのことでした。
現在でも「鮎の塩焼き」には蓼酢が定番ですね。
冷や汁というのは、信長安土城の供応料理にでてくる古い料理ですが、長崎ではあまり知られておりません。

ローソンで売ってた、FD つきぢ田村 冷や汁の素
https://www.marukome.co.jp/product/detail/instant_067/
で、初めて知りました。
面白いものですね。蓼冷汁も復活しないのかな。


一方、蓼冷汁天目のほうですが、
藤岡了一氏にいわせると、1968年当時は、
「従来、蓼冷汁天目は記録の上にとどまるだけで、現実にはすでに姿のないものとされていた。」
「ところが近ごろ、京都のT氏のコレクションの中に、上述の天王寺屋会記の初見記事に対応すると思われる天目がみつかった。」
どうも、これが、今、京都国立博物館にはいっている蓼冷汁天目のようですね。
京都国立博物館の蓼冷汁天目
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/53135
ただ、ひょっとすると違うかもしれない。

どちらにせよ、古美術としての、蓼冷汁天目の現存数は2個以下ということになり、曜変天目よりレアということになります。まあ、地味だからなあ。

また、そういう事情で、伝承があったわけでなく、記録と実物が合致するようだから、1968年以降に「推定」「帰属」しただけなんですね。
なんせ「従来、蓼冷汁天目は記録の上にとどまるだけで、現実にはすでに姿のないものとされていた。」なんですから。
ひょっとしたら違うかもしれない。

昔の京都国立博物館には、なんかやたらに多く天目茶碗が展示されていた記憶があります。
天目茶碗の京都国立博物館の解説
http://www.kyohaku.go.jp/jp/dictio/touji/tenmoku.html
ひょっとしたら、このT氏コレクションがはいったか展示されていたのかもしれませんね。

このサイトからの関連検索で知ったのですが、

京都国立博物館には 根津美術館には、小堀遠州箱書きの「曜変天目」もあるそうですし、MIHO MUSEUMにも「曜変天目」とされるもの(前田家由来だったかな?)があるようですが、どうも曜変とはいえないという意見が大勢のようです。


posted by 山科玲児 at 09:12| Comment(0) | 日記

壊し屋 小沢一郎


 今回の、民進党解体劇は、

27日の小池・小沢・前原 秘密会談で 決まったようだ。

小池百合子は、もと小沢一郎の配下だったし、

壊し屋  小沢一郎 の最後のぶっ壊しお仕事だったのかねえ。

デストロイヤーはまだ健在か?  ただ、小沢が関与する選挙は、わりと負けているから、
「選挙の神様」は、返上しないとねえ。

何一つ業績がなく、壊してばかりいる政治屋  小沢一郎の 首尾一貫した晩節?

また、ウオールストリートジャーナルの記事からすると、ウオール街の小沢への働きかけ工作もあったかもしれないな。

前原は、民進党からは比例名簿ださないといってるけど、民進党の比例当選衆議院議員どうすんのかな。

希望の党は、2008年ごろの民主党以上に極右から極左までかかえこんだ闇鍋になりそうだが、どうするの、これ、、

マスコミはどうせ「リセット」のワンフレーズで有権者を騙そうとするんだろうが、もういい加減にして欲しい。
だいたい、「保守」といいながら「リセット」はおかしいだろ。、「保守」と「リセット」は反対語だ。
右と左へ同時へ曲がれといっているようなもの、こいつら議員でいられれば、権力さえ獲得できればなんでもいいんだな。


posted by 山科玲児 at 08:04| Comment(0) | 日記

2017年09月28日

現代の曜変天目と蓼冷汁天目


 図書館で雑誌をみてたら、炎芸術の最新号(炎芸術131号)は、曜変天目特集でした。

 当然、古陶磁としての曜変天目の解説もあるわけで、それは森達也(沖縄県立芸術大学芸術文化学研究科教授)氏が執筆してました。この森達也氏は繭山龍泉堂の大唐展のギャラリートークもやる予定です。
  まあ、あの、九代長江惣吉氏を初め、みんな相当いい線までやってるんだなあ、と思いました。
特に、九代長江惣吉氏、桶谷 寧氏の作品は相当良いですね。
ただ皮肉なことですが、一番印象に残ったのは
九代長江惣吉氏が制作した蓼冷汁天目(たでひやじる てんもく)でした。
これが伝世の蓼冷汁天目と同じものかどうかはわかりません。どうも、希少。。というよりマイナーなレアな幻のような天目茶碗ですから。。
でも、京都国立博物館の蓼冷汁天目をネットで鑑賞できるとは、良い時代になったものです。
蓼冷汁天目
http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/53135

この件では、、昔、MUSEUMで、藤岡了一氏が書いていたのを思い出しました。
 「蓼冷汁天目」「Museum」212、昭和43年
藤岡氏は四川省の窯ではないか?と書いていたと思っていますが、
文化遺産オンラインの解説では普通に天目茶碗作っていたを福建省の建窯という説のようです。


posted by 山科玲児 at 08:07| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

唐代白磁

唐白磁杯p (1).JPG

  繭山龍泉堂で大唐展ってのを昨日あげましたが、
  このような唐の白磁杯もいいんじゃないかな。これは、口縁に修理があるんですが、かなり良い形と釉薬です。

似たようなものが、東京国立博物館にもあります。

大唐展で出すのは、もっと大きな杯じゃないかなあ。


  また、昨日あげた文章のなかで、
>なかでも驚くのは、高さが27cm近くもある  隋の白磁女性人形ですね。琵琶を演奏していて、琵琶もしっかり白磁で作ってあります。保存が良いですね。
と書きました。
  これの琵琶は妙な構え方してますが、ヴィオリンみたいな弾き方をする別楽器なのかもしれませんし、琵琶は反弾琵琶のような無茶なアクロバット的演奏もありますので、そうおかしくないでしょうね。


 
タグ:白磁
posted by 山科玲児 at 09:47| Comment(0) | 日記

2017年09月26日

繭山龍泉堂で大唐展

2000年繭山龍泉堂Image1.jpg

大唐展
http://www.mayuyama.jp/exhibitions/#sthash.uOZRDOuA.dpbs
2017年10月13日(金)- 10月21日(土)
繭山龍泉堂
11:00〜18:00
初日13日(金)のみ20:00まで
会期中無休

馬や人形などの明器は控えて、器物中心の展覧にしているようです。
なかでも驚くのは、高さが27cm近くもある  隋の白磁女性人形ですね。琵琶を演奏していて、琵琶もしっかり白磁で作ってあります。保存が良いですね。
これは C.T.Looを経由した古い出土のものです。

また、古美術九号(三彩社,1965)で三上次男氏が解説していた、不思議な西域的模様の加彩壺が、今回展覧されます。

龍泉堂の展覧は、商品もあり、コレクターなどから借りてきたものもあり、らしいのですが、どちらにせよ、観る事が難しいものが展覧されることになります。

また、ギャラリートークもあります。
日時: 10月17日(火) 午前の部 11:00〜
            午後の部 14:00〜


posted by 山科玲児 at 10:31| Comment(0) | 日記

2017年09月25日

西洋の肖像画 コメント増補

Navez Louvre.JPG



***解説・コメントを増補しました***

個人的に選んだ肖像画リスト
をあげてみます。
集英社の本と重複していないほうが面白いのですが、下記サイトで掲載リストがありましたので、チェックしたところ、8つぐらいしか重複してないようです。それにしても、集英社本に、フランクフルトのクルチザンヌは入れたほうがよかったのになあ、、他の巻のラインアップも既にサイトにでているようですが、あえて見ないで選ぶと面白いから静物画ぐらいはやってみるかなあ。。。

全部実見したものにしたかったのですが、やはり捨てがたいものもあるので
実見していない作品もいれました。それは★をつけておきます。


・ファイユーム出土蜜蝋板絵 髭の男  メトロポリタン

・ロベール=カンパン 某夫妻の肖像  ロンドン  ナショナルギャラリー
  この2人、特に女性のほうはとても彫塑的である。またこの絵の前で彼らはなにを考えているのだろう、とか生涯はどうだったのだろうかとか、思いをはせさせる説得力がある。
  ロベール=マスミンの肖像のほうが衝撃的かもしれないが、ベルリンとマドリードに2枚ありベルリンのほうはみていないので。

ヤン ファンアイク アルノルフィーニ夫妻像   ロンドン  ナショナルギャラリー
 従来考えられていた人とは別人のアルノルフィニ一族の一人らしい。この人もやはりブリュージュに住んでいた。いずれにしても記念碑的な作品。

ヤン ファンアイク 、マルガリータ  ファンアイクの肖像、グロニング美術館、ブルッヘ、ベルギー

手が少しおかしいが、よい作品。ヤンの聖母のモデルはこの人が若い頃の顔じゃないかなあ?


尼僧の装束のブリジット=バルドーとか言った高名な学者がいたような、、パノフスキーだったかな??

ロヒールの妻じゃないか?という推測がある。悪戯っぽい表情が捨てがたい。


 フランス人が大好きな絵だそうだ。

Memling SintJans Triptique (4).jpg

メムリンクの男性肖像画は多いのだが、あまり性格や感情を表出した絵は少ない。みな「感じがよい」顔になっているので当時はうけただろうが、語りかけてくるものがない。その中でこの4人の肖像画はすばらしい。
・ハンス=メムリンク  女性肖像(モレル家?) メームリンク美術館、ブルッヘ、ベルギー

   女性肖像画としては、こちらかな。メトロポリタンのポルティナリ夫妻像はあまりに生々しくまた未見でもあるので外した。 


子供の肖像としては初期の佳作だと思う。この人の他の絵よりできがよいようにみえる。

この豪奢な衣、傲頑な顔、たるんだ頬など容赦のない描写はファンアイクなみではなかろうか。

なんとなく東洋人にみえる。。

ミュンヘン アルテピナコテークのキリストになぞらえたような不遜な自画像をとるべきかもしれないが、実見してることもあり、プラドのもっと軽い感じのものにした。


たぶんヴェニスのお嬢さんだろうが、生き生きした肖像画だと思う。デューラーのドイツ女性の肖像は、聖母マリアを含めてどうも美人にみえないものが多い。リアル過ぎるのかな。

花耀亭様が、推薦され、東京で実見したのだが、確かにすばらしい肖像画。過不足がなく、なんというか「聡明」の擬人像のような感じすらする。

思ったより小さいものだが、、
女性の奇妙なイタリア顔と、
男性の鼻が特に印象深い。


この種の豪華な衣装の横顔の女性肖像は何点も佳作があるが、これは特に表情がよく、若々しく素直で好ましい作品。

なんか、強いイスラム風を感じますね。。これ、受胎告知の聖母だそうだけど、どうみても肖像画なので、いれました。集英社本もこれいれてます。数少ない重複例ですね。
レオナルドの肖像画はモナリザも含めていくらか実見したが、これが一番好印象でした。


フィレンチェにあるラファエロはピッティ、その中でも肖像ならコレ

 弟子ジュリオ  ロマーノの作品とされてますが捨てがたい魅力があります。 モデルは、実はナポリ総督の妻イザベルであるという説が現在は有力なようです。


 作家ユイスマンスが絶賛した作品


このヒタと鑑賞者を見つめる眼が忘れがたい。モデルは高級娼婦の服装をしています。


この傲然とした肖像がいかにもいかにも貴族。こわそうなおばさんだな。


アルチンボルドの精粋のような技巧的な自画像です。紙のすきめまで描いてあります。
ルーベンスの肖像画はいやというほど多数観ましたが、自分の子供を描いたこの作品は油彩習作というようなものでしょうが、企まない自然さがよいし、東京にあるので親しんでます。

なにもいうことはありません。東京、大阪、ハーグで観ました。


レンブラントの良さがわからない私なので、まず銅版画を。
  華やかで妻への愛情が感じられる良い作品だと思います。

・ディエゴ=ヴェラスケス フェリペ四世(十七歳) 1628  プラド美術館

 プラドのヴェラスケスの作品で、特に眼を惹いたので。王の性格がなんとなくわかるような名画です。


 ラルジエールの作品にはなんとなく妖気があるものが多い。これは大人しいけれどやはりあります。


  もう、完全にヴェルサイユ


ナティエの追随者、スウェーデン生まれの二流画家による作品だが、魅力があるのはモデルの強い個性のためかなあ。

 1970年ころに日本に売りに来たことがあった絵です。

カペの絵とは違って清楚な感じの自画像です。

もうピチピチというか、自信に溢れた肉体的な自画像ですね。


印象派以上に、線を無視した夢のような肖像画です。

これは、画像では良さがわかりません。ペインタリーな絵画としての肌合い/質の良さですね。
ゴヤについては、ロンドンにある次の絵のほうが有名だし、私も実見して良かったとおもっていれるつもりでしたが、真贋問題があるようです。この絵は、男性肖像を塗りつぶして描いてあるらしい。宮廷画家であったゴヤが貴族の肖像画を描くのにそういうことをするだろうか??
 フランシスコ=ゴヤ  ドンナ イザベルド  ポルセル ロンドン  ナショナルギャラリー
https://www.nationalgallery.org.uk/paintings/francisco-de-goya-dona-isabel-de-porcel


これは肖像画とはいえないかもしれないが、あまりにもマラーそのもの、何点かレプリカがあるらしい。


掘り出し物でした。ルーブルの画像が意外にシャープじゃないので、当方が撮影した写真からイメージをつくりました。


ちょっと不思議な感じを受ける肖像画、なんか大理石像のような感じ。。
  集英社本の編集者も注目したらしく、採用してましたね。おっ眼があるね、と感じたところです。
この苦味走った 老人の自画像というのも悪くない。

まあ、なんというか楽しそうですね。米国人はこういうの好きなんだろうなあ。こういう和服コスプレを「人種差別」とかいってやめさせた韓国人中国人活動家って頭おかしい。


・ バーン ジョーンズ  フィッツジェラルド令穣の肖像 個人蔵??

  珍しいバーンジョーンズの肖像画というだけでなく、かなり異色な作品です。このフィッツジェラルドお嬢様ってどういう人なんだろうね。個人蔵というのは一族に伝わっているのかな?と思いました。


華やかで印象的な作品なので、未見ながら入れてみました。

 強烈な肖像画です。オカルトの指導者の一人だったらしいですね。この夫人は。この絵について実は1940年ごろの画家自身によるレプリカであるという説もあるそうです。

 西洋美術館の20世紀絵画コーナーでは一番好きですね。
このルノワールはあの映画監督です。

故 澁澤龍彦氏が推薦していた変わった「パリのアメリカ人」女流画家です。

最後に
*****  レオナール フジタ  のフジタ礼拝堂フレスコ画の寄進者画:フジタ&ルネ=ラルー&フジタ=キミコ像 (下イメージ)★
なんかこれで、十五世紀の初期フランドルに帰った気がします。ふりだしに戻る。。。

fujita chapelle fresco detail.jpg
posted by 山科玲児 at 18:04| Comment(0) | 日記

Youtubeが一番良かった

La Spagna.JPG



2017年08月04日
 西洋ルネサンス時代におけるダンス
Renaissance-Capella-De-Ministrers_2593165
を買ったのですが、

どうも、このプレゼン動画の曲が一番良かったな。損したかもしれない、
Capella De Ministrers による演奏とマンテーニャの名画「パルナッソス」プレゼン動画
Passamezzo antico Diego Ortiz c 1510 c 1570 - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=UnQGz-Wv-nw


posted by 山科玲児 at 06:23| Comment(0) | 日記

2017年09月24日

金蝶ソース

金蝶ソース.JPG

 
長崎では皿うどんには金蝶ソースをかけます。これは普通のカゴメ ウスターソースとは、少し味違いますよ。
東京では酢をかけてる人が多いんですが、当方には違和感ありますね。
この金蝶ソース、ヤキソバに使うとまた良いですよ。
現在は、醤油メーカーのチョーコー醤油が製造しています。


ディープな感じのソース試食動画
入手困難!?究極のウスターソース【金蝶ソース】 
マイアミリボルバー社  
  *** まあこの動画は好き好きでしょうね、害はありませんけどアク強いよね。、
https://www.youtube.com/watch?v=LtP6Wz00MBI


製造販売してるサイト
金蝶ソース|チョーコーのこだわり|チョーコー醤油株式会社
http://choko.co.jp/Pages/kodawari/kincyo.php
【楽天市場】チョーコー 金蝶ウスターソース 320g:チョーコー醤油楽天市場店
https://item.rakuten.co.jp/choko-shoyu/310060/
posted by 山科玲児 at 10:41| Comment(0) | 日記

北朝鮮の船は全て撃沈するしかなくなった


>  韓国の聨合ニュースによると、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は22日、太平洋での水爆実験をかつてない規模で実施する可能性を示唆した。米国に対し「史上最高の強硬対抗措置」を検討すると金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が警告したことについて、ニューヨークで記者団からの質問に答えた


これは、北朝鮮からでてくる船は、漁船だろうが客船だろうが、全て撃沈か拿捕するしかないということを意味している。

(ただ、これは韓国の記者が国連で外相にインタビューしてきいたニュースらしく一次的情報が韓国語のものしかないらしい)

わからない人もいるかもしれないので解説すると、、、
上記ニュースは核ミサイルを太平洋上に飛ばして爆発させて実験するというように解釈してる浅はかなマスコミが多いが、そうとも限らない。船で爆発装置を運んで無人島/岩礁に設置して時限装置で爆発させるのが、一番簡単だ。
船は、別に軍艦である必要はない、木造漁船だって、沈没遭難しなければ運ぶことはできる。日本海で撃沈された工作船ならもっと容易だろう。ただ、太平洋は波が違うので少し考慮がいるかもしれないが。
したがって、全ての船を、撃沈または拿捕しなければならなくなった。難民の船だって撃沈するほかない。
この、李容浩(リ・ヨンホ)外相は、自分の言葉の結果を考えているのか??それとも党中央からの気まぐれな指示を言っているだけなのかはわからない。たぶん後者だろう。命は惜しいだろうから。
演説でも、、
>「米国全土に我々のロケット(ミサイル)を打ち込むことがますます避けられなくなるという撤回できない過ちを犯した」
とか挑発的なことを繰り返しているので、マスコミ的にはその中に紛れてしまっているが、米軍や自衛隊、海上保安庁は、忘れてはいないだろう。
2017年04月05日に、
金正恩は統一の英雄になれた
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/179315513.html
で書いたように、
昨年12月 朴槿恵大統領が弾劾され今年3月に弾劾確定以後、もし北朝鮮が2年間ほど静かにしていたら、韓国は北朝鮮の手におちていて、高麗連邦ができていたはずだ。そして金正恩は征服王・統一の英主の栄光に輝いていたはず。大統領候補は「文在寅」など親北しかいなかったのだから。なぜ北朝鮮は、挑発をエスカレートしていったのだろうか?? 全く不合理だ。 どうも、われわれが知る事ができない北朝鮮の裏事情があるように思う。


posted by 山科玲児 at 09:04| Comment(0) | 日記