2018年07月14日

ボストンの鈴木春信





福岡博物館で、
ボストン美術館浮世絵名品展「鈴木春信」2018年7月7日(土)〜8月26日(日)
http://harunobu.exhn.jp/
観てきました(左イメージがちらし)。千葉を振り出しに、名古屋、大阪、と巡回した展覧会なので、既にご覧になった方も多いと思いますが、色々考えせられるところが多い展覧会でした。

2002年に千葉で観た、
青春の浮世絵師 鈴木 春信 −江戸のカラリスト登場−
会期 2002年9月14日(土)〜10月20日(日)
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2002/0914/020914.html
は、全く驚くべきもので、国内国外から広くかり集めてきて世界最高水準の春信をみせてくれました(イメージはチラシと図録、図録の表紙は真っ黒なのでみばえしないので チラシを横におきました)。
当然、2回も千葉まで行き、重いカタログも買いました。
このカタログ、今、古書で1万円以上するようですね。びっくりです。
ただ、カラー図版はとはいえ、さすがに保存状態、刷りの微妙な差までは再現されておりませんでした。
まあ、それは、しょうがないよね。

今回の福岡での展覧会は、ボストンだけの収集なので、ある意味、個性があります。
前回の千葉と比べて、

・世界唯一、というような希少な絵柄のものが結構ある。 そういう意味では、研究家にとっては必須なのかもしれないなあ。

・保存状態・刷り・美しさ という点では、やや遜色がある版画が混じっている。色が濃すぎてやや後刷りかと思われるものもある。これは前回で、シカゴ美術館のバッキンガム・コレクションの信じられないような 座敷八景などを観たので、感性が贅沢になりすぎているのかもしれませんね。でも、どうしてもそう感じてしまうんですね。ミネアポリスやホノルルの春信も相当美しかったしね。
 また、2009年10月3日にパリのギメ美術館を訪ねたとき、鈴木春信の抜群に状態のよい浮世絵が12点展示されていたことは、憶えております。ギメには北斎富嶽三六景のとても早いきれいな刷りのものもあったはずですから、バッキンガム・コレクション並に良いものを持っているのかな。

・揃いで集めたわけではないようで、シリーズものがまとめて展示されているわけではない。

・最初のコーナーは、春信の先輩先駆の浮世絵が展示してあり、末尾には追従者や「歌麿によるオマージュ」作品が展示されてました。この歌麿はたいへん状態・刷り・色も良いものでした。

ボストンの春信をまとめて観る機会は、たぶんボストンに行ってもないでしょうから、お好きな方には推薦します。
 ただ、会場は冷房がキツいので上着もっていってください。

posted by 山科玲児 at 08:40| Comment(2) | 日記

2018年07月13日

ポメラが壊れた

pomera 壊れた.JPG


 文章書きに重宝していたポメラが見事に壊れてしまった。
こう派手に機械的に壊れては、ちょっと手がつけられない。
  中古で買ったPOMERA ポメラ DM20を、細かい修理しながら、だましだまし使っていたんだが、なにもやってないのに、ついに自壊してしまった。
  先代のポメラと同様にプラスティックが劣化して割れてしまったもので、電源が入らないとか、特定のキーがいかれているとかいうような故障ではない。
 Made in Chinaということもあるのだろうが、プラスティックの質が悪すぎるのではなかろうか。 中核部品は日本その他の製造だろうが、プラスティック筐体やナットどめ、パッキング, ワッシャー、支持材などが中国製だろうから、それが急速に劣化することで、大きく壊れてしまう。もし、プラスティックが劣化しなかったら、たぶんキーがだめになるまで更に2,3年以上は使えたに違いない。設計が良いのに、まことに惜しいことである。

 20世紀後半ごろまでは、基本的には素材は進歩していたはずであるが、Made in Chinaが盛行し、素材の手抜きがでてきた20世紀末ぐらいから、退歩・後退がでてきたのではなかろうか?と残念に思っている。
 このような素材ではボイジャーのように宇宙を何年も飛ぶことは不可能であろう。

  実のところ、この折りたたみキーボードというメカニズムが好きで、持ち運べるキーボードテキスト入力機器を常に使ってきた。 ただ。現在のより若いIPHONEに慣れた人々はキーボードではない方法のほうを使っているのかもしれない。それとも、若い世代で文章を多量に作成する人々もキーボード入力なのだろうか??

  ポメラの新しいものはかなり高い上に、やや大きかったり、折りたたみでなかったりするので、
予備機として死蔵していたPALM系のものを復活させて、携帯型キーボード入力できるようにしようと作戦を練っている。
 TARGUSストアウェイポータブルキーボードを使おうというわけだ。これも中国製だが、メカニズムのとこや支持材に金属を使っていて、かなり信用がおけそうだ。

 正直言って、折りたたみキーボードに小さなモノクロ画面、マイクロメモリーカードがついている製品があれば、それで十分なんだが、そういう簡潔な機械をメーカーは開発してくれないのだろうか??



posted by 山科玲児 at 08:41| Comment(0) | 日記

2018年07月12日

バロック音楽としてのモーツアルト

  作家の百田尚樹氏が、モーツアルトのレクイエムについての対談やってる動画を聴いていて、やはり餅やは餅や、司司は、あるものだ、と思った。どうもピンとこないのは残念。実は百田さんは相当詳しく新しい文献を読んで調べているのがわかる。意外に勉強家だとは思う。それでもなんか変なのは、モーツアルト前後を分水嶺にして作曲家の地位、生活様式・作曲方法・収入源などが、かなり変わることがあまり知られていないということだろう。無論、すべての要素が同時に変わるわけではない。例えばモーツアルトが作曲に使っていた楽器は長い旅行中は主にクラヴィコードだったし、ウイーンに住んだ後半生では初期ピアノ(ワルターピアノ)やチェンバロであった。決して今のグランドピアノを念頭においていたわけではない。一方、後半生では、バロック時代の音楽家では常識であった貴族や教会の楽長などの安定した職業に就任すること、をむしろ拒否したかのような奔放な人生を送っていて生活様式はむしろ先進的近代的である。シカネーダーと協力した「魔笛」は、一般市民の入場料 に依存する極めて近代的な公演・財政基盤をねらっている。
  いろんな要素の変化が前後しているのだが、モーツアルトのバロック時代風のマイスター 職人的な部分が、最近の演奏・研究・論説によって、より明らかになったのはよいことだった。
   そういう観点からみれば、レクイエムが中断し弟子によって補作されたのは至って普通のことで、後世、モーツアルトの天才神話が言い触らされた結果、なにか異常なことのように思われているにすぎない。ただ、バロック時代のような工房・師匠弟子の関係がモーツアルトの時代のウイーンでは緊密でなかったから未亡人がうまくやれなかったということだろう。
 現在でもときどきあるが、作曲でのパクリ借用は普通のことだった。全くのオリジナルというほうが少ない。
あのベートーヴェンですら、
柴田南雄先生のベートーヴェン評として、

他人の作品から音楽語法やモチーフをそっくり借用したり、そのアイディアを全面的に模倣したりする例はきわめて多いのである。

傑作として一般に親しまれ、愛好されている作品にむしろその傾向が強く現れており、彼の完全にオリジナルと思われる作品は得てして人気に乏しいことである。

ということらしい。
  レクイエムの有名な冒頭は、モーツアルトの100年前のシャルパンティエの「マリーテレーズ王妃への追悼音楽」の冒頭とそっくりである。もちろん完全パクリでなく、すぐ変わるのだが、10年以上前、この曲を聴いたときは驚いた。おそらくパリ滞在のとき、類似の音楽を耳にしていたのではなかろうか。
 モーツアルトが尊敬していたジュゼッペ・サルティの作品は完全に忘れられ、21世紀になってようやく多少演奏されるようになってきたが、驚いたことにモーツアルト作品とよく似ている。
 つまりモーツアルトは富士山のような孤峰ではなくエベレストのような大山脈中の抜きんでた1峰のようだ。もちろんその高さ・周囲を遙かにぬいている程度は半端でない。
 画家ルーベンスは、大工房を運営し、素描や色指定した下書きを弟子に与えて制作させ最後の仕上げを施して自作として出荷していた。こういう制作方法が当時は普通だったのだ。そうでなければルーブルのマリー・ド・メジチスの生涯のような大作連作が短い期間でできるわけがない。これは現在のマンガ制作プロダクションとよく似たシステムであろう。
 作曲家の場合は事情が違うだろうが、大規模な作品 オペラなどでは」多少そういう面はあったようだ。どちらにせよ、19世紀以降とは作品に対する考え方自体が違うのである。
 ワーグナーを頂点とする「天才が無から発想するオリジナルな個人制作」という伝説は、より古い時代、そして20世紀後半以降にもあてはまらないだろう。先駆としてはストラヴィンスキーのプルチネラがある。 ビートルズのエリナ・リグビーもヴィヴァルディではなかったか?
 当然、オリジナルな楽譜そのものが粗略で多義的であり、様々な解釈を許容するものになる。
 百田さんは、レクイエムではサンクツスなどの楽章の最初はすばらしいが後半はそれほどでもない、というようにいっているが、おそらく冒頭のメロディと展開は書いてあったが、そのあとの展開は略号やおおよその設計図だけ書いてあったのかもしれない。バッハのフーガやカノンにもそういうものがあり、展開は演奏者が解いて行わねばならないというものである。ロマン派以降の作品のように全部書いてあるわけではないのだ。
 どうも、あのひどすぎる田中 英道「国民の芸術」に代表されるように、いわゆるナショナリスト系の論客が古い芸術に手を出すとあまり良い結果を出すことはできない傾向があるようである。性急にすぎるところ、思いこみがすぎるのが問題なのかもしれない。一方、左派系の論客が「人民に奉仕したか」「進歩的だったか」という物差しで芸術家芸術品をランクつけるのもまた噴飯物で過去にも様々な害毒を流してきた。

続きを読む
posted by 山科玲児 at 10:53| Comment(0) | 日記

九州国立博物館でビュールレ コレクション

  
太宰府:九州国立博物館で観賞した。

 末尾のコーナーに、コレクターの経歴がパネル表示してあった。
 この人は武器製造業者  死の商人だったことは、まあいいとして、スイスが武器輸出禁止したのは1944年だったことに驚いた。第二次世界大戦中は、ほとんどずっと輸出していたわけである。

  作品では、まず、スイスのビュールレ・コレクションの公式サイトで、ほとんどの作品イメージを小さいながらみることはできる。

 展示作品のことだが、、
 カナレットの優れた大きい作品が鑑賞できたのにびっくりした。ほぼ同じ大きさの二点中  大運河 を描いたほうが佳作。ロンドンのウォレス コレクションを連想した。


 ほぼ同じ絵柄で小型の絵がヒューストンにあるようだ。

 このビュールレの作品は相当良いものだと思う。実はこの展覧会で一番記憶に残ったのがこのカナレットである。

 アンリ・ファンタンラトールの自画像ってのがあった。珍品だと思う。
 モネとマネのほとんど同じような絵が並んでいた。画家名を取り替えてもわからないだろう。
 セザンヌの赤いシャツの少年 は、事前の先入観とは、かなり印象が違った。眼の描き方が小さい図版ではよくみえないからだろうか。
 セザンヌの暗い色調の「聖アントワーヌの誘惑」は、ひょっとしたら、画商のヴォラールが、画題を「ディアヌとアクタイオン」と間違えて展示し、その後、またもとに戻したという変わったエピソードをもつ絵かもしれない(REFの「後ろ暗い冒険」の章」)
 ブラックの「ヴァイオリニスト」をのぞけば、二〇世紀絵画は それほどでもない。

REF.
贋作者 商人 専門家, ゼップ・シュラー 関楠生訳 河出書房新社, 1961,


posted by 山科玲児 at 09:00| Comment(0) | 日記

2018年07月11日

九州国立博物館 常設展


太宰府:九州国立博物館にいきました。

常設展示 フロアが充実していました。

文化庁の 駿牛図
松永コレクションの韋駄天、明王白描二種、
類例のない?歌仙「蝉丸」など

思いの外の眼福をいただきました。

日本金石拓本の企画展示(〜7月22日)やっていて、これがまた大変よかったと
思います。

詳しくは、また、明日。

posted by 山科玲児 at 19:25| Comment(0) | 日記