2017年04月25日

ボイマンス展  を高精細画像で


ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
        公式サイト http://babel2017.jp/
   2017年4月18日(火)〜7月2日(日)東京都美術館
     http://www.tobikan.jp/exhibition/h29_babel.html
   2017年7月18日(火)〜10月15日(日)国立国際美術館
で、出ているバベルの塔ですが、Google ArtやWikimediaで高精細画像があるようです。

また、同じ展覧のなかで、一部で注目されているスコーレルの「学生の肖像」もまた
あります。ここまで高精細だと、なんか既に観てしまったような気分ですね。しかし、そこが落とし穴なんだろうなあ。素晴らしい写真を見て実物をみたら、「なんだこれは!」ということは多いものね。

ところで、花耀亭さまがいわれるように、色使いがラトゥールとよく似ていますね。

タグ:ボイマンス
posted by 山科玲児 at 08:15| Comment(0) | 日記

2017年04月24日

CM:バンコクで食べまくり


  バンコクのホテルのコマーシャルが、ぶっ跳んでいたので、紹介します。
  このホテルは全く知らないので良いホテルかどうかは全くわかりません。また、食べ物が良いかどうかもわかりません。昔 アンコールワット旅行のあと食中毒やったので、安全という点も気にかかります。

  しかし、この食べまくりかたはすごいなあ。よく胃がもつものだ、と思いました。

  CenterPoint Hotel CM Bangkok
  https://youtu.be/nOcEbnlNoKw
posted by 山科玲児 at 09:53| Comment(0) | 日記

1996年のエルミタージュ展

ermitage pcards.jpgHermitage Murillo  ss.jpg

  なんか、六本木で 大エルミタージュ展ってのをやってるみたいですが、名古屋・神戸にも巡回とのこと
東京展
 展覧会名大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち会期2017年3月18日(土)−6月18日(日)休館日5月15日(月)開館時間午前10時−午後8時(火曜日は午後5時まで、但し5/2は午後8時まで)
名古屋展
 会期2017年7月1日(土)−9月18日(月・祝)会場愛知県美術館
神戸展
 会期2017年10月3日(火)−2018年1月14日(日)会場兵庫県立美術館


  池袋の今は亡き 東武美術館で、1996年に開催されたエルミタージュ展(16-19世紀スペイン絵画)の絵葉書や額絵を紹介してみますね(イメージ)。

 今回も来てるスルバランの「聖母の少女時代」(左イメージ中)も展示されてました。プラド美術館でも実感したようにムリーリョの作品はでかい作品大きな作品ほどできがいい傾向がありますので、この大きな「無原罪のおやどり」ができがいいのも納得。たぶん大きいほど画料が高いからだろうなあ。。 ところで、スペイン風の不思議な面長の聖母が特異なモラーレスの作品も、このエルミタージュのもの(左イメージの右)はよかった、不思議にもプラドのものより良い。今回は出てたのかな??

モラーレス  糸巻きの聖母 エルミタージュ  東武でみた
http://www.wga.hu/art/m/morales/madonna2.jpg

今回の大エルミタージュ展の中では、リストがないので、軽率な批評はできませんが、、、
  昔、色々話題になった、フラゴナールの「接吻」、が面白いかな、ワトーは少し状態が悪い感じがします。 展示されたレンブラントは、昔実見したことがあるし、確かに大きくて豪華だが、どうも私はレンブラントはよくわからないのでパス。スルバランの「聖母の少女時代」も勿論素晴らしい作品です。






posted by 山科玲児 at 09:10| Comment(0) | 日記

2017年04月23日

ブリューゲル(父)のサイト

カリフォルニア大バークリー校が、
ピーター ブリューゲル(父)のデータサイトを構築したようです。

まあ、こういうのは、カリフォルニア大バークリーは、得意だろうけれど、ありがたいものでもありますね。

絵画はともかく、素描=デッサン=ドローイングについてはまとまった資料が少ないか高価なので、
疑問作・流派作も含めて
ここで集成していただければありがたいと思います。

意外に版画については、集成が多いのですが素描は少ない。

このサイトは、まだ版画については準備中のようです。
まあ、岩波書店のブリューゲル全版画など、ブリューゲル版画については、日本でも本がありますから
さしあたり問題はないでしょう。





posted by 山科玲児 at 21:05| Comment(0) | 日記

バベルの塔  ポスター

Banel Breugel Boymans ss.jpg

2001年にロッテルダムのボイマンス美術館におけるボス展の際に、 顔を画面近くにつけるぐらいに、なめるように鑑賞できたブリューゲルの「バベルの塔」ですが、今、東京で公開されているそうです。夏には大阪でも開催するようなので鑑賞できる人も多いでしょう。ただ、細密画ですから、近くで観ないとわからない部分が多いのですが、展示環境を考えると無理だろうな。まあ、全体の感じや肌合いを観るだけでもそうとう刺激になると思います。

 ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展
        公式サイト http://babel2017.jp/
   2017年4月18日(火)〜7月2日(日)東京都美術館
     http://www.tobikan.jp/exhibition/h29_babel.html
   2017年7月18日(火)〜10月15日(日)国立国際美術館

 2001年にボイマンスの売店で買って日本に郵送してもらったのが、このイメージの額絵・ポスターなんです。 原寸より少し小さいのですが、相当大きいものなので細部もわかります。左上の30cm物差しとくらべてみてください。原寸が60 x 75 cmだから15%縮小ぐらいですかね。

 今回の展覧会の売店でも売っているかもしれませんね。ロッテルダムでも相当高かった記憶があるので、日本だとかなりな値段をつけるんじゃなかろうか?

posted by 山科玲児 at 08:36| Comment(3) | 日記