2019年11月30日

中国大物スパイ拘束 続


昨日書いた

台湾、中国の諜報幹部を拘束 元中共スパイの暴露を受けて
https://news.nifty.com/article/world/china/12241-479344/

台湾政府は11月25日、桃園空港で香港の上場企業である中国創新投資(China Innovation Investment Limited)の向心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を拘束した。オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏は23日、豪メディアに対して、同社が中国軍総参謀部の管理下にあり、向氏夫婦は中国軍の上級スパイだと暴露した。
>

この向心氏は、相当大物のスパイのようです。
どうも、AIT(台北にある米国大使館のような軍事基地のような施設)から、事前に、オーストラリアのスパイ王立強の放送を見るようにという通知が出ていたそうです。

この「向心夫婦」(向心と龔青)の逮捕は、米国のCIA DIAなどが主導した台湾の公安、オーストラリアの情報部が強力した多国籍作戦だったようですね。

台北101にスパイの拠点があるという報道もありましたが、中文の記事を、よく読むと、台北101の酒楼(バー・レストラン)を台湾の要人と会う場所に使っていたということのようです。30人ほどの要人が既に割り出されているようですね。



posted by 山科玲児 at 10:35| Comment(0) | 日記

2019年11月29日

中国大物スパイ拘束



昨日書いた

台湾、中国の諜報幹部を拘束 元中共スパイの暴露を受けて
https://news.nifty.com/article/world/china/12241-479344/

台湾政府は11月25日、桃園空港で香港の上場企業である中国創新投資(China Innovation Investment Limited)の向心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を拘束した。オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏は23日、豪メディアに対して、同社が中国軍総参謀部の管理下にあり、向氏夫婦は中国軍の上級スパイだと暴露した。
>

この向心氏は、相当大物のスパイのようです。

日本のNHK、共同通信などマスコミ幹部、三菱重工などの軍事工業の幹部、自民党の議員などの名前もでてくるかもしれないなあ。
posted by 山科玲児 at 08:43| Comment(0) | 日記

100万部


2019年07月16日に紹介した SPY×FAMILY
http://reijiyamashina.sblo.jp/article/186279791.html
ですが、コミックス二巻合計で100万部突破しました。
  当方の眼もそう節穴じゃないようですね。
『SPY×FAMILY』累計発行部数100万部突破 連載約8ヶ月で『ジャンプ+』の人気作品に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191118-00000316-oric-ent
オリコンのニュースというのが、また良いですね。第2話末尾のところなど、アニメそのものだったので、アニメ業界からも提案が多いのではないか?と思います。
週刊少年ジャンプは残酷バトルとお色気に傾き過ぎですので、こういう別分野をもっと入れて欲しいな。
posted by 山科玲児 at 06:46| Comment(0) | 日記

2019年11月28日

台湾 中国スパイフロント企業トップ逮捕

台湾、中国の諜報幹部を拘束 元中共スパイの暴露を受けて

台湾政府は11月25日、桃園空港で香港の上場企業である中国創新投資(China Innovation Investment Limited)の向心・最高経営責任者(CEO)夫婦の身柄を拘束した。オーストラリアに亡命した元中国のスパイ・王立強氏は23日、豪メディアに対して、同社が中国軍総参謀部の管理下にあり、向氏夫婦は中国軍の上級スパイだと暴露した。
>

このオーストラリアに亡命した中華人民共和国スパイ王立強の話
は最近話題になっていましたが、その証言で、とんでもないことが次々わかっているようです。
香港銅鑼湾書店員の拉致にも関係していたそうですね。
今回の台湾でのスパイ拘束は、その証言に基づくもののようです。

台湾の防諜組織も蒋介石時代以来の組織人材がいるでしょうから、プロが揃っているでしょう。国民党配下の人も多いでしょうが、中国共産党と長年敵対してきた人々ですから急に反対へわわることもできず現政権に従った人も多いでしょう。人民解放軍のスパイを吐かせるのは上手いだろうな。

台湾当局から、さらに、トンデモナイ ニュースが出ると思います。

これは蔡英文 圧勝かもしれないなあ。


posted by 山科玲児 at 08:32| Comment(0) | 日記

2019年11月27日

なんで人類学

maya azteca へっぴり紀行 ss.jpg

 メキシコではマヤやアステカ、ティオテェワカンなどの遺物は「人類学」博物館におさめるもののようです。
Museo Nacional de Antropología
https://mna.inah.gob.mx/
 ここは、2Fは考古学ではなく、近世の民俗学資料・民芸品などが展示されているので、人類学といえば半分はそうなのかなあ。
Museo de Antropología de Xalapa
https://www.uv.mx/max/
 ここは、カリブ海側のオルメカ文明の遺物がどっさりあるとこですが、ここも「人類学」

  こういう考古学的なものを中心とした博物館は「歴史 Historical」博物館とか「考古学Archaeological」博物館とかいう名前が普通だと思うのですが不思議ですね。 マドリードで、アルタミラの洞窟の複製があったのは、 Museo Arqueologico Nacional (国立考古博物館)でしたし、ブラッセルのローマのモザイクなどがあったのは MUSEE HISTORIQUE(歴史博物館)でした。フィレンチェのエトルスクの考古品が多い博物館も「考古学博物館」ですね。

National Archaeological Museum, Florence
http://en.firenze-online.com/visit/informations-florence.php?id=13

しかし、メキシコでは、なんで人類学 ANTHROPOLOGY なんでしょうか?? マヤの石碑文字解読なんか、言語学歴史学文字学だろうにね。。

ペルー、リマの國立博物館にも「人類学」とついてますね。
Peru,Lima
Museo Nacional de Arqueologia, Antropologia e Historia del Peru

 その影響か、日本のマヤ学の初期紹介者をやった石田英一郎氏も「文化人類学者」でしたね。アンデスの発掘をやった泉靖一氏もそうだった。。
  ひょっとしたら、最初にマヤ文明遺跡の学問的発掘紹介をやった人々、おそらくアメリカの大学人が「人類学者」が多かったからなのかな???



posted by 山科玲児 at 07:44| Comment(0) | 日記