2017年12月06日

朝鮮戦争は終わっていない


 朝鮮有事が懸念されているこのごろだが、大義名分の領域で皆が忘れているが突然もちだされそうな事実がある。

・朝鮮戦争はまだ終わっていない
・朝鮮戦争のための国連軍は解散していない。
・米軍は国連軍として行動できる。
・韓国は戦争中である(休戦協定にすら参加していない)。

60年もほったらかしになっていたので、関係者も逝去されているし、皆忘れていることだが、これらは現在でも事実である。

平成27年7月28日  参議院会議録
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/189/0192/18907280192003a.html
> 朝鮮戦争、これはまだ終わっていません。朝鮮戦争はまだ終わっていません。終戦ではなくて休戦です。今、休戦状態のまま、正規兵だけで北朝鮮が約百四十五万、韓国が約六十五万、これがにらみ合っている状態で、その間に朝鮮戦争の国連軍が割って入っているという状態であります。朝鮮戦争の国連軍の後方司令部は横田基地にあり、日本の七つの米軍基地に後方基地としての機能というものがあるために、国連旗が日本の国旗とアメリカの国旗とともに立っています。これが現実です。
>

外務省:朝鮮国連軍  地位協定
>横田飛行場に所在する朝鮮国連軍後方司令部には,ジャンセン司令官(豪空軍大佐)他3名が常駐しているほか,8か国(豪,英,加,仏,トルコ,ニュージーランド,フィリピン,タイ)の駐在武官が朝鮮国連軍連絡将校として在京各国大使館に常駐している。

  名目的:大義名分的なものが大きいが、第2次イラク戦争のような、全くの言いがかりの強盗的な戦争より、よほどハードルが低いことは確かだろう。

posted by 山科玲児 at 09:12| Comment(0) | 日記

2017年12月05日

ホワイトハウスのクリスマス

米国  ホワイトハウスのクリスマス  ディスプレイ 動画がありました。

2017 Christmas Decorations at the White House - YouTube

ただただ、綺麗ですね。 リースって、こういうディスプレイするのかって思いました。

マライア  トランプ夫人も、こういう仕事が、なんか一番ぴったりはまっているように思います。

ソウルの南、龍山米軍国連軍基地に降り立ったときは、死の天使か修道女みたいなファッションだったからなあ。

posted by 山科玲児 at 20:02| Comment(0) | 日記

大正時代の食堂車


食堂車メニュー 大正1ss.jpg食堂車メニュー 大正2ss.jpg


大阪阿倍野の南田辺駅前にある 大阪郷土史、考古発掘報告、古文書などが得意な黒崎書店の目録をいただいた。

黒崎書店

今回の目録で、おやと思ったのは、

大正時代の食堂車のメニューである。 購入したわけではないのだが、図録でみて印象が深かったので紹介させていただく。

デザインが全体にモダニズムで、なかなか良いし、

精養軒の広告文「御退屈凌ぎに、どうぞ食堂をご利用ください」 というのも、なかなか良い。でも「只今、食堂がすいております」はどうなのかなあ、、

「みかど食堂」のほうをみると、当時カレーライスといっていたんだね。ライスカレーじゃなかったのか。。

昔の駅弁や食堂車の資料を 集めたサイトもネットでみつけたので、勝手ながら紹介させていただきます。

列車食堂みかど[駅弁の小窓]





タグ:食堂車
posted by 山科玲児 at 17:56| Comment(0) | 日記

2017年12月04日

ピアノとドメニコ=スカルラッティ


 メトロポリタン美術館が所蔵する1720年製のクリストフォリピアノ(ただし修理が多く響板は取り替えられているらしい)で、ドメニコ=スカルラッティDomenico Scarlatti (1685–1757)の作品を演奏している メトロポリタン美術館が作った動画があった。

  ポルトガルの王女にして後のスペイン王妃バルバラ・デ・ブラガンサQueen Maria Barbara de Braganza  に仕えたドメニコ=スカルラッティの作品は、ピアノでもよく演奏されてきたが、こういう初期ピアノはとてもよくあっていて、チェンバロでの演奏よりマッチしているようにきこえる。
 ポルトガルの王女バルバラ・デ・ブラガンサは、なんと5台もピアノをもっていたという。勿論チェンバロももっていた。王女バルバラが10歳のころ、ピアノの発明者クリストフォリは逝去しているが、王女の叔父がクリストフォリを知っていたようなので、そういう線だろうか。
 いずれにせよ、ドメニコ=スカルラッティの作品はチェンバロだけではなく、このような初期ピアノむけに作曲されたものが多いという証拠になる事実である。

  ドメニコ=スカルラッティの曲が、ロマン派以降の歴代のピアニストに愛され、演奏されてきたのは、もともとピアノ用に作曲されたものが多かったということが原因だろう。
  ブラームス、フランツ=リスト、ショパン、グラナドス、バルトーク、ミケランジェリ、ホロヴィッツ、ギレリス、クララ=ハスキール、グールドなど、そうそうたる人々がドメニコ=スカルラッティの曲を演奏している。
 クララ=ハスキールの演奏
  CLARA HASKIL SPIELT DOMENICO SCARLATTI
    https://www.youtube.com/watch?v=277kOiSj8QQ

 一方、クープランの曲は、あまりにもクラブサンに特化しているので、ピアニストにはあつかいにくいものだった。バッハの平均律がピアニストに教科書にされたのは、バッハの息子エマヌエルの教科書がベートーベンのころまで使われていたことと関係があるのかもしれない。チェルニーの回想によるとベートーベンが弟子にピアノを教えたときの教科書はエマヌエルの本だったそうだ。エマヌエル自身の曲は初期ピアノでないと面白くない曲が多いから、相当ピアノに親しんでいたのだろう。

  近年の古楽復興で、チェンバロ=クラブサン=ハープシコードでドメニコ=スカルラッティの曲を演奏することが正統とされてきたが、かなりの曲については間違いで、 多くの曲については、むしろ初期ピアノが正統だと思う。

 ちょっと変わったところで、昨年逝去された天才論理学者・数学者・哲学者・手品師でもあったレイモンド=スマリヤンの演奏を紹介しておく。
https://www.youtube.com/watch?v=F_aA0AQ7dLk


posted by 山科玲児 at 08:22| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

動くカナレット



オークション会社;サザビーズの広告なんですが、

  販売するヴェネチア  カナレット派の絵画をアニメにしたものを作ったようで、これがなかなか楽しいものです。
A Grand Tour of Bellotto and Canaletto’s Venice
https://www.youtube.com/watch?v=XjZISteGlss

  カナレットの甥のベロットの絵とカナレットの絵を動かすというものです。
マドリードのティッセンにはカナレット風の絵がかなり展示されていましたが、かなりが別人の作品とされていたので、驚いた経験がありますので、世の中に多数ある、特に英国に多いカナレット作品は、カナレット派の作品が多いのではないか?と疑っています。

この動画
mixi で教えてもらいました。

    これって、どこかで観た発想だなあ、、と思ってたら、昔からやっていたのは、台北の國立故宮博物院で、清院本清明上河図とか文徴明の絵とかをうごかしてました。今は十二月令図を動かしているようです。



posted by 山科玲児 at 12:13| Comment(0) | 日記