2018年07月08日

長崎の焼き餃子

餃子 平和楼 ss.jpg平和楼20090703.JPG


  肝休日でもあり、急に平和楼の餃子を食べたくなったので、わざわざバスでいってどっさり買ってきました。  店でたべてもいいんだが、一日の予定があるので、、まあテイクアウトにします。当方の個人的見解ですが、焼き餃子では長崎で一番美味しい店だと思います。
とくに厚くて味がしっかりついた皮がおいしい。

〒850-0852 長崎県長崎市万屋町4−3
平和楼
095-822-0931
木曜休み

食べログ
posted by 山科玲児 at 09:20| Comment(0) | 日記

2018年07月07日

星経における七夕

星経 七夕 ss.JPG

  今日は7月7日::
  漢魏叢書の中の「星経」に  牽牛と織女 を掲載しているところがあります。
  こういう古風なものは珍しいので、紹介してみます。



タグ:七夕 星経
posted by 山科玲児 at 19:37| Comment(0) | 日記

ヴィヴァルディの評伝が欲しい

失われた手稿譜.jpg

ヴィヴァルディの本がない
https://plaza.rakuten.co.jp/yamashinareiji/diary/201008300000/
で書いたように、日本語で現在容易に手に入るヴィヴァルディの本がない。

実は、子供向けの本が一冊(偕成社)あるんだが、それだけである。
J.S.バッハの本が汗牛充棟なのに比べてなんという違いだろうか?

過去に出版されたものでも、
・パンシェルル、、ヴィヴァルディ 生涯と作品  早川正昭・桂誠、音楽之友社、1970年、1
・ヴィヴァルディ 永遠の音楽家10  ロラン・ド・カンデ/戸口幸策訳、白水社、1970、1冊
の2つしかないようで、どちらも48年前である。

最近、演奏家でもあるサルデッリ氏の
失われた手稿譜
http://www.webmysteries.jp/topic/1803-04.html (東京創元社のサイト)
がでたというので、早速、図書館から借りてきたが、
これは、ヴィヴァルディ本人やその作品自体のことではなかった。
手稿譜の流転・伝世の問題だった。だから、未だに、満足できる日本語  評伝は読んでいない。

この本で屡々言及される  In memoria aeterna erit justus (正しき者は永久に記憶される)

という曲の演奏動画は、、
https://www.youtube.com/watch?v=3NHmH3W-6aU
がいいかもしれない。
 なんか、不安で、マタイ受難曲のような感じがする。案外  バッハも種本にしたかもしれないなあ。


このサルデッリ氏自身の演奏動画はルイ14世時代のフランスの作曲家 ジャン・バチスト・リュリの曲を指揮したのがあるのだが、リュリの時代のとおり杖を使って指揮していた。リュリのエピソードで知ってはいたが、本当に杖を使って指揮している光景は初めてみた。
サルデッリの指揮、リュリの序曲、
https://youtu.be/LE83wSoRy2E?t=15

相当、面白い人みたいだが、本自体は、いまいちのところがあった。
それこそヴィヴァルディの評伝(人と作品)を真っ正面から書いて欲しいものである。

posted by 山科玲児 at 09:26| Comment(0) | 日記

ニアミス新宿駅青酸ガス事件


麻原彰晃死刑囚ら7人死刑執行 早川・井上・新実・土谷・中川・遠藤死刑囚
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000515-san-soci
 というニュースで、上川陽子法相の決断を賞賛したいのは、オウム真理教教団に、一度殺されかけたことがあるからである。

1995年5月5日の

のときだ。新宿駅の西口と東口を繋ぐ、丸ノ内線駅に沿った北側の地下通路
を歩いていたとき、
突然、トイレから煙りがでていた。火事かと思って、地下街で火事になると危険だと思ってすぐ地上へ逃げた。
もし、正常に青酸ガスが発生していたら、危なかったはずである。ちょっとした偶然で、人間の生き死にが変わるのだから、故  水木しげる先生がいうように、人間は生かされているんだなあ、と思い出して感じる所以である。




posted by 山科玲児 at 05:44| Comment(0) | 日記

2018年07月06日

ニアミスした地下鉄サリン事件


当方は、地下鉄サリン事件のとき、一便ぐらい遅れて、乗車駅にいったので、助かった。
遅れてよかった。

麻原彰晃死刑囚ら7人死刑執行 早川・井上・新実・土谷・中川・遠藤死刑囚
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000515-san-soci
 というニュースは、いまさらという気はするが、上川陽子法相の決断を賞賛したい。

 オウムと北朝鮮とのつながりは、当時からささやかれていたし、國松警察庁長官狙撃にも「女性兵士」という犯人像がプロファイルされていた。、
 現在、急変している朝鮮半島情勢と関係があるのかもしれない。

  また、オウムの殺人事件に関与したTBSのことは忘れない。そして。「TBSから情報をもらっている」という北朝鮮からの証言(嘘かもしれないが)もあったそうである。



posted by 山科玲児 at 12:14| Comment(0) | 日記