2017年04月19日

鄭文公碑

鄭文公下碑.JPG



 北魏の鄭道昭が書いて磨崖というか大きな石に刻した鄭文公碑(下碑)は19世紀以降、包世臣が絶賛したせいもあり、人気が高い。そのためか偽物の拓本も多いようである。なんでもレンガに全部彫ったのが某所にあるそうで、その荒れた表面の感じがいかにも風雨に摩滅した古碑の感じになっているそうである。また、この大きな磨崖を大きな石に全部そっくりに彫ったというものもあるそうで、その努力には呆れるばかりだ。拓本によっては墨が非常に濃くて石面の感じもわからず、字の線にも墨が入ってしまっているようなものがある。そういう拓本では真贋はなかなかわからないし、また鑑賞価値も低いと思う。
 1990年ごろでは、拓本を二册の折り本にしたてたものの完本(一応 本物)が10万〜20万円ぐらいだったように記憶している。龍門二十品のセットがやはり二十万円くらいだった。

 イメージは、前にも出した一冊だけの端本の一部だが、これはたぶん本物だと思っている。もっとも最初みたときは表紙など廃墟のように傷んでいた端本なので買ったときも安かったし、現在でも高いものではないだろうが、まあ個人的には良いものなので修理して愛蔵している。

 もともと、非常に多数の拓本があるものなので、そう珍しいものでもないはずだが、人気があるので偽物も多いということだろうか。
  有名な旧拓本としては、比田井南谷 旧蔵本、中村不折旧蔵本、松井如流旧蔵の全套本などなど、とにかく数は多いので、まともなものを観るのに困るということはない。それなのに、ずいぶん変なものを使っていることがあるのは不思議なことである。
posted by 山科玲児 at 08:10| Comment(0) | 日記

2017年04月18日

ラーマーヤナのマンガ版がほしい


ラーマーヤナ.JPG


今回、タイやインドネシアのことを思い返して、再度思っているのは、
ラーマーヤナの日本のマンガ版がないものだろうか、というこだ。
翻訳というか初心者向け抄訳物語本(ラムのシェークスピア物語みたいな)ものとしては、


ラーマーヤナ―インド古典物語 (上) (レグルス文庫
http://www.amazon.co.jp/dp/4476010016
がある(イメージは旧版)。
しかし、マンガによる導入があればずいぶん理解が早いだろう。インドにもマンガはあるだろうが、インドのマンガはちょっと日本人には親しみにくい。アメコミに近いところがある。

  まんがで読破シリーズがずいぶんあるようで、
神曲、資本論、フロイト、わが闘争、カラマーゾフ、古事記、ケインズの雇用・利子および貨幣の一般理論、クラウゼビッツまであるようなので、
出版社にも希望を出しておいた。

posted by 山科玲児 at 09:00| Comment(0) | 日記

博多のパン:ポールがあった

PAUL PAiN.JPG



博多でパンを買うとき、昔はパルコの神戸屋でハードパン買っていたのだが、最近は神戸屋にヨーロッパ風のハードパンがなくなったようなので、困っていた。

先週、天神三越の地下でポールをみつけた。
PAUL 福岡  天神 三越地下
http://www.pasconet.co.jp/paul/shop16.html

 ここは、かなりずっしりしたカンパーニュやセーグルパンを出しているので、ようやくこれでOK

ポール自体はフランスのリール発祥のパン屋で世界展開しているようである。
PAUL 1889
http://www.paul.fr/fr/

長崎だとマルコポーロ
http://umakamon.area9.jp/article/0168308.html
長崎で、意外にいいのが、ポンパドゥル
http://www.pompadour.co.jp/topics/shop/nagasakihamaya
posted by 山科玲児 at 05:57| Comment(0) | 日記

2017年04月17日

マンクヌガラン王宮のガムランと舞踊


Mangnugaran_7059.JPG


4月14日に、書いた

のなかで触れた

インドネシア、ジャワのソロにある
マンクヌガラン王宮のガムランと舞踊 の動画を紹介します。

 Gambyong Langenkusuma (Pangkur) at Mangkunegaran Palace, Sabtu Ponan May 4, 2013 

  https://www.youtube.com/watch?v=ZUVmu95t-Bg

当方は、東京などで、何度か公演を観ておりますが、当然その都度演者は違っています。
しかしながら、その都度、深遠な音楽と優雅な舞踊を味わうことができました。

イメージは、マンクヌガラン王宮のガムラン演奏を収録した優れたCDです。キングレコード,
posted by 山科玲児 at 09:14| Comment(0) | 日記

2017年04月16日

タイの古典舞踊と音楽 動画と東京公演

タイ古典舞踊 sheet 2017ss.jpg

4月14日に、

というのを書きましたが、

この公演の雰囲気に多少近いのが、
このインドでの公演ですね。

このインド公演より太宰府の公演のほうが良かったと思います。

 他の動画でワシントンDCのタイ大使館での公演があったのですが、
あまりに素朴な民族舞踏で、米国人ばかにされてるなああ、、と思ったものでした。

 
東京での公演は7月4日 
     タイ芸術局舞踊団来日特別公演「煌めきのタイ〜古典舞踊と音楽の世界」
平成館 大講堂  2017年7月4日(火)   (1)11:00〜12:00、 (2)14:00〜15:00    
380名(先着順)
        
同じプログラムを1日に2回やるようですね。ただ、太宰府のものより30分短いので、ちょっと不安な感じがあります。ラーマーヤナが入っていれば是非みるべきでしょう。

 >無料(本展観覧券が必要。半券でも可、その場合別途入館料が必要)
と書いてあるので、、タイ展に入らないと鑑賞できないようなんですかねえ?、注意。結構 東京国立博物館も商売上手ですね。

  たぶん、、お薦めです。


posted by 山科玲児 at 09:58| Comment(0) | 日記